北広島市の名水「アンビ・ウォーター(Ambi Water)」!キレイな取水場で湧水ゲット!

更新日:

前回は‥

長沼町からスタートし、北広島市に向かった今回のドライブ。途中に寄った長沼町の「ましゅれ」さんでは、乳化剤不使用の美味しくてすごく溶けやすい無添加ソフトクリームをいただきました。また前回は、この日のドライブの目的地「旧島松駅逓所」に到着。あの有名なクラーク博士が「ボーイズ・ビー・アンビシャス」という言葉を残した地でもあり、この地に移住した「中山久蔵」さんが北海道の道南以北で初めて稲作を普及させた「寒地稲作発祥の地」でもあります。初めての訪問でしたが、とても内容の充実した施設で、終始興味をそそられっぱなしでした。

 

今回のドライブ、締めの湧水をいただきました!

今回のドライブで最後に立ち寄ったのは、同じく北広島市にある湧水スポット「アンビ・ウォーター(Ambi Water)」!支笏湖系の天然水と言われている湧水が、地下約100mから惜しげもなく湧き出ている湧水スポットです!ちょうど喉が渇いたタイミングでペットボトルの水が空になったので、買うくらいなら汲みに行こうと思い寄ってみることにしました。ここの一番のプラスポイントは、とても広くてキレイに管理された施設であること。数ある湧水スポットの中でも、とても利用に便利な条件が整っている場所です!

アンビ・ウォーターの場所ですが、住所は北広島市島松557番地となります。
札幌から向かう場合は「国道36号線」沿いを進み、北広島市の輪厚中央に向かいます。国道に沿って車を走らせると「JA道央西部支店」「ローソン」、ガソリンスタンドの「ホクレン」のある交差点が見えてきますので、右折して下さい。そのまま道なりに進み、下りのカーブを越えた先にアンビ・ウォーターが見えてきます。

 

アンビ・ウォーターの由来とマナー

アンビ・ウォーターの取水場は2ヶ所あります。それぞれがとても広く、左側の取水場には取水口が8口もありました。湧出量もとても多く、広々として使いやすい取水場です。またそれぞれに屋根がついていますので、雨が降った日にも安心して水を汲むことができます。伺ったのは日も沈み始めた夕方でしたが、まだ4台ほど車が停まっており、たくさんのタンクに水を汲んでいる人の姿が見えました。

 

取水場は広くて、とてもキレイに管理されています。湧水の流れる水道管も、まったく汚れが目立っていない程です。水道管の位置は若干低めで、タンクに水を入れるのにちょうど良い高さです。先端についている短いホースも、使い勝手を良くしてくれてました。

 

アンビ・ウォーターという名前の由来ですが、ここ北広島市に所縁のある有名人「クラーク博士」から取ったとのこと。ボーイズ・ビー・アンビシャスの”アンビ”から名付けられたのだそうです。‥、無理やり感はどうしても否めませんが、無理やりにでもクラーク博士に結び付けるあたりはさすがです。わたしも最初はさすがに何のことだ?と思いましたが、次第に聞きなれてくるから不思議です。

 

なおアンビ・ウォーターは有料の湧水スポット。
水汲み1回40リットルにつき100円となり、以後40リットルごとに100円が加算される仕組みです。例えば40リットルまでだと100円で済みますが、120リットルまで汲みたい場合は300円が必要となります。料金は水を汲む前に支払って下さいとのことですので、まずは建物壁面にある投入口に汲んで帰る分に相当する料金を入れましょう。

 

なおどこの湧水スポットでもあるそうですが、一般開放をしてしまうとどうしても出てくるのがマナーを守らない人。現地に貼ってあった「管理人からのお願い」には、ちゃんとお金を払わない人が増えている様なことが書かれていました。1円・5円の投入が目立つこともあれば、外国の硬貨やスロットのメダルを投入していくマナーの悪い客もいるそうです。ミネラルウォーター40リットル分買うよりはるかに安いのに、100円も支払わない奴がいるのですね‥。せっかく私有地を一般開放して下さっている訳ですので、ルールには従って美味しい水をいただきましょう!

 

そんな訳からか、取水場の回りには注意喚起の看板がたくさん掲示してありました。施設の方が近くにいることもある様ですので、他の方の迷惑にならない様に水をいただきましょう。

 

アンビ・ウォーターの成分表記

アンビ・ウォーターの成分表記表には、以下の様に書かれていました。

  • ナトリウム  8.8mg/ℓ
  • リン     0.08mg/ℓ
  • カリウム   2.5mg/ℓ
  • カルシウム  5.1mg/ℓ
  • マグネシウム 2.6mg/ℓ
  • バナジウム  0.006mg/ℓ
  • サルフェート 3.6mg/ℓ

特筆しておくのは「サルフェート(硫酸塩)」という成分。
ヨーロッパ産のミネラルウォーターに含まれることが多いそうですが、主な働きとしてデトックス効果があり体内から有害物質を排除する役割があるそうです。またサルフェートには新陳代謝を高める働きなどがあるため、美容効果が高いとも言われているそうです。但し過剰摂取はお腹を下す原因ともなるそうですので、飲みすぎは注意です。

 

最後に

長沼町から始まった今回のドライブの最後は、美味しい湧水で締めることになりました。ドライブ慣れしてきた結果、遠出ばっかりしてしまい札幌近郊をおろそかにしがちになっていましたが、改めて近場を回ってみるとまだまだ攻めていない場所がたくさんあることに気づかされました。個人的には特にディープなスポットが好きなので、これからもより深いところを目がけて突撃していきたいな~と思います。

 

 

【 Ambi Water(アンビ・ウォーター) 】

住所:北広島市島松557番地



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

ご訪問ありがとうございます! 北海道札幌市在住の管理人による、北海道の穴場観光情報&食べ歩きブログを綴ってます。大好きな自然・動物を中心に頑張ります!なお、冬は冬眠期に入るため活動が鈍りますのでご了承下さい…。目標は北海道観光情報のデータベース化!末永くお付き合いをお願いします!

Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.