ウニにマグロにアワビの踊り食い!【旅館よこはま荘】で豪華海鮮三昧の夕食に舌鼓!|松前郡松前町

更新日:

前回は‥

GWの連休に道南へ向かった今回のドライブの目的は「桜」。中でも「松前に1泊して、松前公園の夜桜を見てみたい!」という目的に向けて、札幌から道南を目指しました。前回はメークイン発祥の地「厚沢部町」「メークイン発祥の地記念碑」をご紹介しました!厚沢部町でのメークイン栽培の現在に至るまでの苦労・功績を讃えた碑で、現在の立ち位置は過去の努力の結果だという事が伝わってくるものでした。

前回は‥GWの連休に道南へ向かった今回のドライブの目的は「桜」。中でも「松前に1泊して、松前公園の夜桜を見てみたい!」という目的に向けて、札幌から道南を目指し...

 

今回の宿泊地、松前町の旅館よこはま荘へ!

北斗市・厚沢部町で結構時間を使ってしまったため、時間も大分遅くなってきました。いい加減、本日の目的地「松前町」へと向かうことにしました。厚沢部町から松前町へは車で約1時間半強くらい。松前町に到着したころには日は傾き薄暗くなっていました。今回宿泊したのは「旅館よこはま荘」。松前公園へも徒歩10分もかからないくらいの距離にあり、過去に「北海道じゃらんnet」の夕食の良かった宿ランキングで1位~3位をキープをしていた人気旅館なんだとか!(情報元:北海道松前藩観光奉行)そんな「旅館よこはま荘」を今回はご紹介したいと思います!

 

宿泊した部屋は、古いながらも清潔感抜群!

今回宿泊したのは2階の奥の部屋「有明」。8帖間の和室です。畳焼けはしていましたが、キレイに清掃されていました。壁紙にも若干の煙草のヤニは見受けられましたが、全く気にならない程度です。古いなりにも全体的に清潔感が感じられ、とても快適に宿泊することができました。

 

卓上にはお茶と湯飲み・コップ。それとお湯と水の入ったポットが準備されてました。

 

押し入れの中にはアメニティなど。
浴衣・バスタオル・フェイスタオル・歯ブラシ・髭剃りが準備されていました。

 

松前町といえば「松前漬け」を思い出す人も少なくないはず。
よこはま荘さんでも松前漬けの製造・販売を行っています。材料や製造法にこだわった保存料・添加物不使用の松前漬け。わたし達も朝食でこの松前漬けをいただきましたが、適度な塩味と粘り気・食感の松前漬けでとても美味しかったです。

 

ドリンクの注文もできる様です。
ビール・焼酎・日本酒の他、ワインや果実酒なんかも取り揃えてある様です。特にワインは同じ道南の奥尻島のワイン。機会があれば是非いただきたかったのですが、この後ご紹介する夕食が満足を通りこす位の量だったため、お酒を飲むお腹も残っていませんでした。

 

よこはま荘の2階の見取り図がこちら。
2階に上がる階段はそこそこ急だったので、上り下りの際にはご注意下さい。

 

お風呂・洗面台・トイレ‥、水回りは全て共用にありました

お部屋の次は館内をご紹介。
まずは玄関です。靴は玄関の下駄箱へ。スリッパに履き替えてから入館します。

 

こちらは2階の廊下。2階には洗面台が2ヶ所、トイレが2ヶ所ありました。

 

部屋の外の廊下の様子。

 

お風呂は1階にあります。
大浴室と小浴室の2つで、24時間入浴可。小浴室でも2人くらいなら大丈夫そうな広さでした。

 

お待ちかねの夕食の時間!よこはま荘の豪華海鮮三昧!

さて旅館で1番のメインイベント、夕食の時間です。
地方の旅館等だと海鮮をメインとした食事が多い印象ですが、何せよこはま荘は、過去に「北海道じゃらんnet」の夕食の良かった宿ランキングで1位~3位をキープをしていたという人気旅館!もちろん海鮮三昧で、かなり贅沢な食事をいただくことができました。食事は1階の大広間でいただきますので、チェックインの際に予め伝えた時間に合わせ大広間へ向かいましょう。

 

こちらが、出てくるものがほぼ全て海鮮のよこはま荘の豪華夕食!
お刺身・煮つけなど品数もたくさんです!この後、順番にご紹介します。

 

ウニ・ボタン海老・本マグロの赤身のお刺身3点盛り。
ミョウバン不使用のウニ、甘いボタン海老はもちろんですが、何といっても美味しかったのは本マグロ!黒マグロは青森県の大間のマグロが有名ですが、同じ津軽海峡の反対側にある松前町もマグロの産地。ウニ・ボタン海老はともかく、さすがにマグロは当日獲れた新鮮なものって訳ではないでしょうが、赤身にもかかわらず程よい脂のノリで淡白さを感じさせない美味しいマグロでした。

 

お皿の上にはアワビが1個丸ごと。まだ生きて動いている活アワビでした!食べ方を選ぶことができ、薄く切ってお刺身にしてもらったり、踊り焼きでいただくこともできました。

 

今回は夫婦で1個ずつ別に調理してもらい、贅沢に刺身と踊り焼きの両方をいただきました。こちらはアワビのお刺身!アワビのお刺身の醍醐味は、何といってもコリコリとした食感と後からくる甘み!薄く切られたアワビでしたが十分な弾力が感じられ、また新鮮なのでウロまで美味しくいただくことができました。

 

こちらは踊り焼き!網の上でウネウネと動くアワビには申し訳ありませんでしたが、火を通したアワビはまた格別!コリコリとした食感から、強い弾力の食感へと変わり、とても美味しくまた食べやすかったです。

 

他にも、食べごたえのあるつぶ貝の煮つけ。

 

カレイの唐揚げは1匹丸ごと!
しっかりと火が通っていて、ヒレや骨までボリボリと丸ごといただくことができました。衣が薄いので、意外と油っこくは無かったです。程よい塩味で、身はホクホク。これもかなり美味しかったです。

 

脂ののった煮魚はソイ(確か‥)。

 

マヨネーズベースのソースがかかっていたのは、大ぶりなホタテでした。

 

唯一海鮮ではなかったのが、このお肉。陶板焼きでいただきました。

 

おひつのご飯は2人前。2人で食べるのに十分な量です。ふのりのお味噌汁も◎!

 

これだけ豪華な食事でしたので、ビールも美味しかったです!
しかし食事の量が多すぎて、大好きなビールがおかわりできなくなるくらい満腹になってしまいました‥。それだけ満足のいく内容だったよこはま荘の夕食。別に公告ではありませんが、松前に行く際には是非よこはま荘への宿泊をご検討下さい!

 

適度な量でしっかり美味しい!朝食も満足のいくものでした。

翌日の朝食がこちらの写真。
内容も満足のできるものでした。

 

個人的に一番美味しかったのは、岩のりのお味噌汁!
手摘みの岩のりを使った香り高いお味噌汁です。この岩のりがとても高価なもので、市販の海苔5~6枚分くらいの大きさで3,000円以上するものもあるくらい‥。この岩のりを使った海苔弁当「のりだんだん」も松前で有名な料理の一つ。もちろんここ「よこはま荘」でも、事前注文の上でのりだんだんの購入が可能です。

 

鮭の切身にウインナー。

 

ねっとりと甘いイカ刺しと、朝食の定番の納豆。

 

よこはま荘の松前漬けがこちら。2011年に「北のハイグレード商品」に選出されたこともある逸品です!材料や製造法にこだわった保存料・添加物不使用の松前漬けなのは前述の通り。適度な塩味で、朝食にとてもピッタリでした。

 

大満足のよこはま荘で、松前名物「のりだんだん」も購入!

TVなどメディアで「のりだんだん」が取り上げられるときは、大抵同じ松前町にある旅館「温泉旅館矢野」さんがご紹介されているのを見かけます。わたしも「のりだんだん」といえば矢野で食べるものと思ってしまってましたが、こちらよこはま荘でも買うことができました!

 

せっかく松前に来たのだから食べたかった「のりだんだん」。けれど朝食でお腹は一杯。お昼ご飯もそこそこでいいかな~と思っていたので、お土産に1つ購入して札幌に帰る車の中でいただきました。プラスチック製の簡易な容器ではなく、意外と立派な器な器に入ったのりだんだん。2段に敷かれた香りの高い岩海苔と、しょう油の塩味が程よくマッチ!普通の海苔弁当とはひと味もふた味も違っていて、とても満足のできるものでした!

 

次に向かったのは‥

多少古さが見られる建物でも清潔さが感じられ、何より食事の内容に大満足だった「よこはま荘」。旅館の方たちも感じの良い方ばかりで、ちょっとしたチェックアウト後のお願いにも快く対応していただいたことを覚えています。ただチェックイン・チェックアウトの時以外は旅館の方とお話しする機会もありませんでしたので、旅に出会いを求める人にはちょっともの足りないかも。しかし、それ以上に魅力的な旅館よこはま荘。松前で美味しい食事をいただきたい時には是非ご利用下さい。さて次は、ようやくですが「松前公園」の夜桜をご紹介します。

<次の目的地>

前回は‥GWの連休に道南へ向かった今回のドライブの目的は「桜」。中でも「松前に1泊して、松前公園の夜桜を見てみたい!」という目的に向けて、札幌から道南を目指し...

 

 

【 旅館よこはま荘 】

住所:松前郡松前町博多15
電話:0139-42-2040



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.