安平町の【早来雪だるま郵便局】に行ってみたら想像以上に可愛いかった!|勇払郡安平町

更新日:

待たれてました!安平町早来の郵便局は雪だるまがお出迎え!

この日は厚真町で行われていた「あつま田舎まつり」へ行ってきました。メインは厚真町の特産品「あづまジンギスカン」を炭火で焼いて食べる「草原焼き」!炭火は無料なので、会場でお肉と海鮮・野菜などを買って焼くだけの手頃さがとても良く、ここ数年連続で参加しているお祭りです。

その帰りに通った安平町でどこか寄っていけるところはないかな~、と色々探していましたところ、見つけたのは早来地区にある「早来雪だるま郵便局」。建物の屋根の上には、早速雪だるまが「まってました」とお出迎え!また入口右側のポストも雪だるま!今回はこちらのちょっとかわいい郵便局をご紹介します。

 

ポストも雪だるま!?北海道で初めての特殊郵便ポスト!

早来雪だるま郵便局では1986年から雪だるまの全国発送を行っています。正確には雪だるま型の発砲スチロールに詰めた雪ですが、このアイディアは早来郵便局の前局長「真保生紀」さんが考え出したそうです。この雪だるま小包、当初はなかなか理解が得られなかったそうですが、道外・海外などを中心に最盛期には年間2,000~3,000個ほどのペースで発送が行われていたそうです!

そんな早来郵便局のポストですが、こちらも雪だるまの形をしています。通常の赤くて四角いポストとは形状が違う、北海道で初めての特殊郵便ポストだそうです。また郵便局の屋根の上にいる「まってました」と書かれた雪だるまは、れっきとした安平町民!特別住民として登録されているのだそうです。

 

建物裏の駐車場には赤い雪だるま!

駐車場の奥にも郵便局カラーの大きな雪だるまを見つけました。近づいてみると、何やら色々と文字が刻まれていました。

 

「雪だるま郵便小包 発祥の地」と書かれていました。左右には「運勢のスイッチ」「曲のスイッチ」。スイッチを押すと曲が流れました。

 

左側面のプレートには以下の様に書かれていました。

「雪ダルマ郵便小包発祥の地」記念像
昭和61年(1986)12月、全国に先がけ当局においてふるさと小包「雪ダルマ」の取り扱いを開始。以来、日本全国各地をはじめ遠くは南米ペルー、東南アジア各地へと北海道の冬のロマンとして約3万5千個を送り続け、早来町と郵政事業のPRに資してきた。
今季10シーズン目を迎えるに当たり、発祥の地として建立する。

平成7年10月吉日
第5代 早来郵便局長 真保 生紀

協賛
早来町
早来町観光協会
早来町商工会
JAはやきた
ハヤキタユキダルマカイ

 

ボタンがあるなら押してみたくなるのが人情。ということで、早速ボタンをON!すると流れてきたのは「雪だるまロマン」!言葉で解説するよりも、上の動画を再生して実際に聴いてみて下さい。

 

郵便局の倉庫にも雪だるまが一杯でした!

 

最後に

今回は安平町の早来にある「早来雪だるま郵便局」に行ってきました!雪だるまを発送している郵便局があること自体は知っていましたが、たいして雪が珍しいものとは思わない北海道民なので、正直特に気にしたことはありませんでした‥。ですが可愛い雪だるまにお出迎えされ、意外に楽しむことができました!ちなみに郵便局の前の通りは「雪だるま通り」と呼ばれているそうで、外灯やマンホールにも雪だるまが描かれていました。また郵便局向かいの家も雪だるまでいっぱいでしたが、名前を見て納得!きっと早来の雪だるまにゆかりのある人の家だったのかと思います。

 

【 早来雪だるま郵便局 】

住所:勇払郡安平町早来大町148-4
営業:9:00~17:00
定休:土日(ATMは使用可)



-北海道の科学館・博物館・公共施設
-, , , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.