小樽MUSE(ミューズ)|完全無添加なデミグラスソースが絶品!国道沿いの洋食屋さん!|小樽市稲穂

更新日:

店舗外観

今回は、札幌から車で1時間弱くらいの隣町「小樽市」でお昼ごはんをいただいてきました!伺ったのは、小樽市稲穂にあるレストラン「小樽MUSE(ミューズ)」さん。お店のコンセプトは「キャンドルの灯りの中で、小樽らしい雰囲気と素材を生かしたおいしい自家製料理、それに素敵な音楽をたっぷりと味わっていただきたい(公式HPより)」とのこと。自家製にこだわった洋食中心の料理をいただくことのできるお店です。

 

住所は小樽市稲穂。「国道5号線」沿いにあるお店です。

敷地内に専用の駐車場はありませんが、同じく国道5号線沿いにある「花嫁センター」さんが管理する「稲一パーキング」が提携駐車場となっています。「稲一パーキング」の場所ですが、小樽MUSEさんより小樽駅側の3軒隣にある「花嫁センター」さんの裏。なお高さ制限があり、車種によっては駐車できない場合もあるので注意です。受付は花嫁センターさんの建物の中で行いますが、花嫁センターさんの営業状況などによっては駐車できない場合もあるそうです。その場合は、近隣コインパーキング(未提携)を使用することになります。

 

黒コショウが効いた「ブラックペッパーバーグステーキ」!

「ブラックペッパーバーグステーキ 150g」 980円!

たっぷりと黒コショウがふりかけられたハンバーグ!見るからにパンチがありそうです。付け合わせはキャベツ・ミニトマトなどの野菜サラダ。ライスとスープがセットになっていて、ランチタイムはドリンクがサービスとなります。スープの具材は、シメジと玉ねぎでした。とてもシンプルな単色のお皿で出てきましたが、よ~く見るとしっかりとしたお皿‥、北欧系のブランド「iittala(イッタラ)」のお皿でした!

 

後志管内にある黒松内町産の牛豚ひき肉を100パーセント使用したハンバーグ。粗挽きという言葉からは程遠いくらい、ネットリとしつつ滑らかな舌触りのハンバーグでした。上には化学肥料や農薬を一切使わずに育てた黒胡椒がたっぷりとかかっています。ひと口食べると最初に感じるのは、口の中いっぱいに広がるブラックペッパーの香り!後味は香りを通り越して辛さに行きつきますが、お肉の脂との相性が良いので嫌な辛さではありません。むしろライスが進むパンチのある味なので、男性に是非食べていただきたいメニューです!

 

人気No1!煮込みハンバーグステーキ!

「煮込みハンバーグステーキ 150g」 1080円! 

妻がいただいたのが、こちらの煮込みハンバーグ。ハンバーグには、たっぷりと自家製のデミグラスソースがかかっていました。付け合わせはジャガイモとブロッコリー。ライスとスープ、ランチタイムのドリンクがセットになるのは、ブラックペッパーバーグと同じです。

 

たっぷりとかかったデミグラスソースは、牛スジ肉とトマト・人参・たまねぎ・セロリなどの野菜を赤ワインで長時間煮込んで作られています。またハーブなども自家栽培のものを使い、自家製・無添加を心がけているそうです。継ぎ足しながら熟成を重ねたコクのあるデミグラスソース。このソースとハンバーグの組み合わせが、とても美味しかったです!塩味も酸味も強くはないのにとてもコクがあり、ソースだけでもライスが進む、そんな味。ブラックペッパーバーグも美味しかったですが、煮込みハンバーグの方が何倍も好みでした。

 

セットのドリンクと、サービスで白玉もいただきました!

食後にはランチタイムのサービスドリンクと、同じくサービスのミニ白玉。甘さ控えめな優しい味のあんこと、もっちりした白玉の組み合わせが◎!またこの小さいのが食後のお腹に丁度よいサイズです。あるとないとでは満足度が全く違いました。

 

店内の様子

薄暗い店内に光るのは、ダウンライトとキャンドルの灯り。テーブルの上のキャンドルの炎を見ていると、不思議と気持ちも落ち着いてきます。店内の壁や天井も、キャンドルの灯りに合った色になっています。

 

壁には自家製デミグラスソースの説明が貼ってありました。これだけ前面に押し出しているということは、こちらのイチオシはこのデミグラスを使ったメニューで間違いなしです。

 

メニュー表

ランチタイムのメニュー表です。
メインのハンバーグの他は、以下の通り。ランチコースもできる様です。

  • オムライス
  • ロースカツ
  • 本日のスパゲティ
  • 洋風エビチリごはん
  • スープ仕立てのガーリックカレー

 

ドリンクのメニュー表です。

 

その他、小樽MUSEさんのこだわりが書かれていました。

 

お持ち帰りもできる様です。

 

SNSの反応

【2017.6.10】こんにちは☂。 相変わらずしっかり降ってます😔。 本日のランチはまたまた“小樽MUSE”さんに伺いました。 札幌の割烹“三徳六味”の大畠さんが「先日伺ってオムライス食べてきました。美味しかったですよ~👍」と言うので口がオムライスになってしまったのです。 ※ ☆熟成デミグラスソースのオムライス ☆気まぐれサラダ(小) ☆白玉善哉&紅茶 ※ トロトロの卵の下にはチーズが忍んでいて濃厚でしっかりしたオムライス‼。 ごはんにもデミソースがたっぷり絡んでいてボリューム感は予想以上。 大満足でした。 今回は日程の都合でランチでしたが、次回は夜に来てお酒も楽しみながら過ごしたいなぁ。 大変美味しくいただきました。 (っ˘ڡ˘ς)ごちそうさまでした🙏。 ※ #おそとごはん#そとごはん#外食#食べ歩き#グルメ#洋食#昼食#おひるごはん#ランチ#北海道#小樽#小樽muse#キャンドル#ひとり旅#ひとりごはん#オムライス#デミグラスソース

ku_nel_a_sobuさん(@ku_nel_a_sobu)がシェアした投稿 -

【2017.2.18】さて今回のランチは、以前から気になっていた“小樽MUSE”さんの自家製トマトソースのナポリタン🍝。 太めのモチモチ感のあるパスタにサッパリと、でも決して軽いわけではなく満足度の高い仕上がり。 ぐぬぬ……シェフ、やるな👍。 エディブルフラワーの散りばめられたおまかせサラダも美味。 食後には、いつもの白玉ぜんざいとミントティーをいただきました。 ますます他のメニューも食べてみたくなりました。 まだまだ通わないと😱。 大変美味しくいただきました。 (っ˘ڡ˘ς)ごちそうさまでした🙏。 ※ #おそとごはん#そとごはん#外食#食べ歩き#昼食#おひるごはん#ランチ#パスタ#ナポリタン#北海道#小樽#冬旅#ひとり旅#小樽MUSE#ひとりごはん#ハーブティー#ミントティー

ku_nel_a_sobuさん(@ku_nel_a_sobu)がシェアした投稿 -

 

最後に

今回美味しいハンバーグをいただくことができた、小樽MUSEさん。特に煮込みハンバーグにかかっていた「特製デミグラスソース」が絶品!どこか懐かしい味の様な気もするのですが、そこはやっぱりプロにしか出せない味。牛すじ肉と香味野菜のコクがたっぷりと感じられる世界で1つだけの味です!このデミグラスソースを食べにならまた来てみたい!本当にその様に感じることのできた久しぶりのお店。小樽で洋食が食べたくなった時の選択肢としておススメします。

 

【小樽MUSE(ミューズ)】

住所:小樽市稲穂1-11-7
電話:0134-31-6300
営業:11~14:00(ランチ)、14~17:00(カフェ)、17~20:30(ディナー)
定休:毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日に振替)



-洋食
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.