東京以北最大の木造大仏!?【浄土宗 帰厚院】-岩内郡岩内町-

更新日:

札幌から「寿都町」へ向けて車を走らせた、この日のドライブ。お目当ての「生シラス」を目がけ寿都に向かい途中、ご飯を食べる為に寄ったのは、小樽市の市場に併設している食堂「のんのん」さん。

開店は朝4時!?小樽で一番朝早い食堂!【お食事処 のんのん】-小樽市色内-
ゴールデンウィークのこの日。桜の開花状況も全道的に良い感じに咲き始めた位な時期に差し掛かり、道内の桜の名所として知られている「函館」では、満開に差し掛かった...

食事の後は、余市町・共和町へと車を走らせ、岩内町に到着!ここで一旦一休み。道の駅にて軽ーく休憩を取った後は、事前に調べておいたちょっと立ち寄ってみたいスポットに!

 

DSC00451.JPG
岩内町のお寺【 浄土宗 帰厚院 】。寿都町への道中の寄り道に選んだのはこちら!

何故お寺?って思う人もいるでしょうが、こちらには興味がある人にはかなりたまらない、「大きな大仏」を拝観する事ができるお寺なのです!その大仏もただの大仏ではなく、東京以北で最大の「木造大仏」との事!こりゃ一度は見ておきたい!って事で今回はこちらを訪問してみる事に決定!

 

DSC00452.JPG
岩内町の観光パンフレットにも乗っていたこちらのお寺ですが、観光客がワーッとくる様な賑やかな観光地ではなく、好きな人だけがチラホラ訪れる様な、ちょっとディープな観光地。そのせいなのかはわかりませんが、駐車場は設けられておりませんでした。

 



DSC00454.JPG
早速境内へ!

 

DSC00457.JPG
本堂へ向かいます!

 

DSC00458.JPG
お賽銭箱は外にはありませんでした。
中をのぞいて見ると、お賽銭箱は建物の中。
って事は、勝手に扉を開けていいのかな?

 

DSC00466.JPG
扉には鍵はかかっておらず、その代わりなのか、中に入るとセンサーによってインターホンが鳴る仕組み。参拝客が来た際に、ちゃんと中の人が気づくことができる様になっているみたいです。

入って直ぐの正面に大仏様もお賽銭箱もありましたので、しっかりとお賽銭を入れてから、大仏を参拝させていただきました。

 

DSC00463.JPG
こちらの大仏は、高さ6,8m。木造総金箔造りで、大正10年に開眼。東京以北では最大の木造大仏で、岩内町の有形文化財第1号に指定されたとの事。

そんなものがこちら岩内町にあるだなんて、意外に知られていないのが事実。観光パンフレット等にはしっかり載っているのですが、わたしも含めしっかり見ていない人もかなり多いのだと思います。

 

DSC00475.JPG
しばらく大仏の雰囲気や造形等を眺めていると、お寺の関係者の方がいらっしゃって電気をつけてくれました。その際にお寺の事、大仏の事、最近のお客さんの傾向や世間話等、しばらくの間、話に花を咲かせてしまいました。

関係者の方は非常に親切な方で、建物内を人通り案内してくださったり、大正10年の開眼から金箔の補修は行った事がない事や、他に本尊の説明や家紋の事など色々とご説明下さって、大変貴重な体験になりました。

 

DSC00472.JPG
メインの大仏も良いですが、天井や柱の造りや装飾なんかを眺めるのもお寺巡りの醍醐味です。

また一定以上の金額を納める事で、天井に名前や企業名が入ったプレートを飾っていただける様です。

 

牡蠣食べ放題に期間限定生シラス!?【吉野かき小屋】-寿都郡寿都町-
小樽では朝食に海鮮丼をいただき、岩内町では東京以北で最大の「大仏」を拝観。さて寄り道はこの辺にして、目的の「寿都町」へ向かいます!今日のメインは「寿都町で生...

大分楽しむことが出来ました。さて気を取り直して、目的の生しらすに向け、寿都町へ向かいます。

 


 

【 浄土宗 帰厚院 】
住所 : 岩内郡岩内町高台143
電話 : 0135-62-0123



-北海道の寺社・修道院
-, , , , , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.