コーヒープラザ西林|昭和24年から続く伝統のカツライス!|札幌市中央区

更新日:

店舗外観

今回ランチを食べに伺ったのは、昭和レトロな雰囲気が漂う「コーヒープラザ西林」さんです。お店の場所は、札幌市の中心部にあるファッションビル「4丁目プラザ」の地下2階。戦時下で一度閉店した経緯もありますが、1936年創業の歴史のある老舗喫茶店です。

お店にはビル1階入り口からエスカレータで地下に向かうこともできますが、ビルは地下街と直結していますので、地下街から直接向かわれるのが一番わかりやすいかと思います。

 

店頭ショーケースが良い意味で既にレトロ!?

西林さんの入り口横には、最近はなかなか見ることも少なくなってきた食品サンプルが並んだショーケース。デパートの飲食店や大型店のフードコートなどでは未だ見かけることはありますが、ファッションビルの中にある西林さんにももちろんありました。中にはサンドイッチ・パンケーキなどの軽食から、カレー・ハンバーグ・ナポリタンなどの喫茶店の定番メニューが一通り揃っていました。

 

昭和24年から変わらない味!名物カツライス!!

カツライス(サラダ・ドリンク付) 930円 

いただいたのは、西林さんのオリジナルメニュー「カツライス」。見た目はカレーライスですが、上にかかっているのはカレーではなく、西林さん秘伝のオリジナルソースです。昭和24年に初めて作られてから、今も変わらぬ味を提供し続けている伝統のカツライス。そんなものがあるなんて聞いたからには食べずにはいられません。

セットのドリンクは数種類のコーヒーとソフトドリンクの中から選ぶことができましたので、今回はコーラをお願いしました。サラダは上にフライドガーリックがかかった水菜のサラダでした。

 

ライスの上のサクサクのカツは、脂身が適度なバランスでカレーにピッタリ合うカツです。その上からたっぷりとかかっているのが、西林さんのオリジナルソース。見ためはカレーそのものですが、スプーンで持ち上げると片栗粉系のとろみが感じられます。

ひと口食べた感想は「今何食べてるんだろ、自分!?」ってのが心境にピッタリ。スパイス感はあまり感じられず甘みが強いソースで、後味にチリペッパー系の辛さがほんのり後を引きます。ご飯にあっているのかも分からなくなるほど、自分が何を食べているのか分かりませんでした。けれど何故かスプーンが進む、不思議な味です。言葉ではなかなか表現が難しいので、興味のある方は是非一度食べに伺ってみて下さい。

 

見た目から大迫力!わんぱくサンド!!

わんぱくサンド 1,180円

こちらは妻がいただきました「わんぱくサンド」。分厚くて具だくさんなサンドイッチです。パンに挟んであるのは以下の具材。絶対に一口では食べきることのできなさそうな厚さです。持ち上げたら間違いなく崩れますので、アルミホイルで巻かれてました。

  • カレーコロッケ
  • チーズ
  • 玉子焼き4枚
  • トマト
  • 千切りキャベツ
  • レタス
  • 焼き豚
  • キュウリ

 

パンの表面はカリカリに焼かれていて、食感がとても良いサンドイッチです。案の定一口では食べることができず、また野菜の水分が結構多かったため、アルミホイルのすき間から漏れてくるほどでした。肝心の味ですが、野菜が多いので全体的にはあっさりとした味。その分、カレーコロッケと焼き豚の塩味が非常に良く合いました。1つでも結構満足できる位のボリュームだったそうです。

 

店内の様子

こちらがお店の中の様子。
昭和レトロ感も残しつつ、キレイな喫茶店の雰囲気も出ています。入店時は日曜の午前11時過ぎ。さすがに未だ他のお客さんはいませんでしたが、12時手前くらいからチラホラとお客さんが増え始め12時過ぎには満席になってました。大半が年配のお客さん達でしたが、中には20代のカップルも仲良くご飯を食べてたりしてました。

店内は完全禁煙ではなく分煙。喫煙席の方が席が少々多い様で、禁煙席と喫煙席が完全に区切られている訳ではありませんでした。その為、席によっては禁煙席でも煙草の臭いを感じることもあるかも知れません。嫌煙の方には好ましくないと思いますが、今では喫煙可能なお店はとても貴重。何となく喫煙席の方が賑わっていた気もしました。

 

メニュー表

こちらがメニュー表です。

なお、公式HPに「西林」さんの歴史が記載されていましたので、以下に転載します。

喫茶 西林の歴史

当店「コーヒープラザ西林」の原点は、1936年(昭和11年)に創業者の廣川十郎が苦労して貯めたお金を元手に経営者から譲り受けた小さな喫茶店「銀の壺」(南3西5)。店は大繁盛するが、戦争の影響で1944年(昭和19年)に閉店。

しかし、戦後間もない1946年(昭和21年)に、家具店(現・4丁目プラザの場所)の奥まった一角を借りて、再び喫茶店「茶房 西林」を開業。店名の由来は、家具店の屋号「西野林産」からきており、現在の「コーヒープラザ 西林」に受け継がれている。

(引用元:http://www.goma-soba.jp/nishirin/)

 

喫茶店ですので、基本的なメニューは「コーヒー・ソフトドリンク・軽食・デザート」が中心です。軽食はサンドイッチが中心で、他にカツライスやナポリタン・オムライスなどがあるくらいです。

 

お得なセットもありました。
モーニングセットは「トースト or サンドイッチ +ドリンク」で500円台のメニューが並んでました。また土日祝限定のパスタセットは「パスタ・スープ・サラダ・ミニデザート・ドリンク」で980円と、とてもリーズナブルです。

 

こちらは卓上のメニュー表です。

 

SNSの反応

ランチパスポート札幌大通④ 三越のイタリア展でジェラート食べようと思ってたら マダムが多すぎて断念💨 さっぽろスイーツカフェでケーキ食べようと思ってたら、 10組くらい待っているというので久しぶりに西林へ✨ * ☆スペシャルケーキセット 桜のロールケーキとダブルベリーのムース ☆プレミアムローストコーヒー☕ * 見た目も可愛いケーキ2種類食べれるし、 コーヒーも4種類から選べて良かった😆💕 ケーキも美味しかったしマダムが多くて騒がしかったけど 禁煙席空いてて煙たくなかったしゆっくりできた👍🏻✨ やっぱり、喫茶店落ち着くし好き🎶 2016.4.13 * #札幌カフェ#札幌喫茶店#コーヒープラザ西林#ランチパスポート札幌#h桜スイーツ

hitomiさん(@hitomi02110)がシェアした投稿 -

 

最後に

今回は歴史のある喫茶店でカツライスをいただきました。オリジナルのソースは過去に食べたことのない初めての味で、とても興味がそそられるものでした。また店内は年配の方を中心にとても賑わっていて、札幌中心部のファッションビルの中にありつつも、地域に根付いたお店だということが伺えました。なかなか出会う事のできない貴重な1店。難点は煙草の煙だけなので、完全に分煙になるのであれば、また伺いたいと思います。

 

【コーヒープラザ西林】

住所:札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ B2
電話:011-261-1138
営業:10:00~20:30
定休:不定休(4丁目プラザに準ずる)



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

ご訪問ありがとうございます! 北海道札幌市在住の管理人による、北海道の穴場観光情報&食べ歩きブログを綴ってます。大好きな自然・動物を中心に頑張ります!なお、冬は冬眠期に入るため活動が鈍りますのでご了承下さい…。目標は北海道観光情報のデータベース化!末永くお付き合いをお願いします!

Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.