リストランテ カリーナ|ウニ満載の贅沢イタリアン!パスタ・リゾット・コース料理も!|室蘭市中島町

更新日:

店舗外観

今回ランチを食べに伺ったのは、北海道は道南の「室蘭市」「リストランテ カリーナ」さんのウニを使った料理を食べるためだけに、札幌から車で片道3時間のドライブに行ってきました。ひょんなことからこちらのお店に伺わなければならなくなった訳ですが、結果とても美味しいランチタイムを過ごすことができました。

 

ウニのリゾット

ウニのリゾット 1,730円

今回のドライブの目的の1つ「ウニのリゾット」
お店に伺うこととなったきっかけは、我が家の妻に届いた1本のメールでした。とあるTV番組の企画で「北海道のウニ・イクラの特集」を組むということで、何故か妻にダイレクトオファーが届きました(妻も食べ歩き専門のブログを書いています。リンクより訪問してやって下さい。)。そこで紹介させていただいたのが、こちらカリーナさんのウニのリゾット。当初は勝手に紹介して迷惑だったかな~と思いつつロケの前に実食しに伺った訳ですが、とても温かい対応をしていただきました。とても感謝です。

 

時期によりウニの産地は変わりますが、冬のこの時期は北方領土近海で獲れたロシア産のウニを使用しているとのこと。リゾットの上には「生ウニ」が乗っかっていて、またリゾットには加熱されたウニがたっぷりと絡んでいました。加熱されたウニは甘みが抑えられ、その分ホロホロとした食感がリゾットに加わります。濃厚なクリームリゾットで味付けは濃いめでしたが、ウニとの相性は抜群。甘みのある生ウニと絡めて食べると、とても美味しくいただくことができました。ボリュームもそこそこありました。

ちなみに一時は期間限定メニューとして出していたウニのリゾットですが、あまりの人気にレギュラーメニューとなったのだとか。更に今では不動のナンバーワンだそうです。

 

シチリアーナ

シチリアーナ 1,520円

一般的なシチリアーナはイタリアのシチリア島の特産物「ナス」を使ったトマトソースのパスタを指す様ですが、こちらのシチリアーナにはナスは使われていませんでした。代わりにアサリとムール貝をたっぷりと使っており、濃いめの味付けでオイリーに仕上がっていました。パスタの麺は1,9mmの太麺を使用。この麺はお店が創業となった30年前から使用しているものだそうです。

 

たっぷりのアサリ・ムール貝の出汁とオイルを乳化させたスープで、とても濃厚!海鮮の旨味がたっぷりな中にトマトの酸味も加わり、とても美味しかったです。まるでブイヤベースを食べているような濃厚なパスタで、1,9mmの太いパスタとの相性も抜群でした。上にかかっているのは、唐辛子と一緒に炒めたパン粉。ほのかに辛みも加わり、良いアクセントとなってました。

但し、冷めてしまうと乳化したスープが分離してきて、オイルのくどさと塩味の強さが目立ってきます。それでも十分に美味しいパスタですが、温かい時とは雲泥の差。美味しく食べきるコツは、冷めきる前に食べてしまうことです。

 

他にも色々と食べてきました

ウニと長いものムース

長いもを使ったムースのくぼみに生ウニを乗っけて、ポン酢の様な味のジュレで蓋をした一品。周りにかかっているのは、18年もののバルサミコ酢です。通常はコースに出す一品ですが、この日はとある事情で特別にいただくことができました。

 

土台はフワフワのムースで、表現が難しい食感でした。茶碗蒸しの様でもあるし、スポンジケーキの様でもあり、長いもも入っていると言われなければ全くわからないくらいです。このムースと生ウニの塩味と甘み、ジュレの酸味が非常に良く合います。また18年もののバルサミコ酢は果実の様な甘みが強く、酸味は適度でとても美味しいバルサミコ酢でした。このバルサミコ酢を絡めていただくと、更に味の変化を楽しむことができました。

 

ライ麦のパン

カリーナさんでは、自家製のパンを提供しています。今回はライ麦のパンをいただきました。上に乗っかっているのはトマト。とてもフワフワの食感でしたが、表面はカリカリまで行かないまでもしっかりとしたパン。噛みしめる程にライ麦の風味が口の中に広がって、とても美味しいパンです。何より焼立てでアツアツのパンをいただくことができましたので、それだけでも十分に満足することができました。

 

ウニのカタラーナ

ウニのリゾットやパスタが名物のカリーナさんですが、ウニを使ったデザートまでいただくことができます。これは2018年4月以降に期間限定で行われるウニ満載コース料理のドルチェとして提供される予定の「ウニのカタラーナ」。カラメルの中には生のウニが入っていて、周りには18年もののバルサミコ酢がかかっています。

カタラーナ自体は甘さ控えめで、素材の味が活きる素朴な味。それに加わるのは、冷やされルイベの様な食感となったウニ。口の中で溶かしながらいただくと、生ウニの甘みと塩味が広がります。最初に塩味を感じた瞬間は「ん?」と思いましたが、ウニが徐々に溶けるにつれて、不思議と味が馴染んできます。なかなか伝わりにくいですが、感覚は「プリンにしょう油をかけて食べるとウニの味がする」って奴とかなり似てます。あれも意外と合いますが、これも意外に合いました。是非一度ご賞味あれ!

 

ティラミス

最後は創業時より作り続けているというティラミス。マスカルポーネと洋酒の効いたスポンジが交互に重なっていて、甘いだけでなく味にアクセントがついています。マスカルポーネも生クリームの様にサラッとしていて、舌にまとわりつくこともありませんでした。

カリーナさんでは、1990年代にブームとなる前からティラミスを提供しているそうですが、当時はマスカルポーネが手に入りずらかったのだとか。そこでわざわざイタリアからマスカルポーネを取り寄せていたそうですが、それは今でも変わらないそうです。

 

店内の様子

店内の様子。
広い店内で、当然ですが全てテーブル席のみ。平日のランチタイムに伺いましたが、地元の方が代わる代わるに入ってきており、常に賑わってました。

 

メニュー表

こちらがランチのメニュー表です。

定番のパスタ・ピッツァの他、リゾット・ハッシュドビーフなどのランチセットもありました。またパスタに「+1,200円」でセットにすることもできます。セットには「前菜・サラダ・パン・デザート・ドリンク」がつきますので、ボリューム・値段共にお得です。通常のランチコースもありましたので、色々なシチュエーションで使い勝手がよさそうなお店です。

 

こちらは2月限定のスペシャルコース。
オマール海老か十勝和牛ステーキのどちらかを選ぶことのできるコースが、破格の3,240円でいただくことができるそうです。このブログ公開時に継続しているかは不明ですが、機会があればわたしも食べたかったです、オマール…。

 

そしてこちらが、最初から最後までウニ満載コースのメニュー表。あくまでも企画段階の写真ですので、実現するかはわかりません。メニュー表にも記載がありますが、今回カリーナさんが紹介された番組は「マツコ&有吉 かりそめ天国」というテレビ朝日系列の全国区の番組です。この番組の企画に、わたし達も若干ですが関わることができました。今回カリーナさんを訪問したのも、その関係です。

 

SNSの反応

 

最後に

本当にひょんなことより思わぬ事態に発展した今回。訪問のきっかけはTV番組の企画からでしたが、カリーナさんのオーナーシェフやマネージャーには本当に良くしていただきました。また地元の方にも愛されているお店の様で、滞在中もたくさんのお客さんがお昼を食べに来店されてました。目的のウニのリゾットを始め、その他の料理も美味しく、わたし達もお腹一杯でお店を後に。収録の様子は4月上旬に放送される「マツコ&有吉 かりそめ天国」で放送されていますので、youtube等で是非確認してみて下さい。

<次にむかったのは…>

前回は…TVの企画に携わることができた今回。紹介させていただきましたのは、室蘭の老舗イタリアンレストラン「リストランテカリーナ」さん。紹介させていただく前に自...

 

 

【リストランテ カリーナ】

住所:室蘭市中島町2丁目26-11
電話:0143-45-0411
営業:11:00~15:00、17:00~21:00
定休:月曜



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

ご訪問ありがとうございます! 北海道札幌市在住の管理人による、北海道の穴場観光情報&食べ歩きブログを綴ってます。大好きな自然・動物を中心に頑張ります!なお、冬は冬眠期に入るため活動が鈍りますのでご了承下さい…。目標は北海道観光情報のデータベース化!末永くお付き合いをお願いします!

Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.