三角市場|観光客御用達‥JR小樽駅から徒歩2分の便利な市場!|小樽市稲穂

更新日:

前回は…

余市町に向かう今回のドライブ。昼食を食べに伺ったのはJR小樽駅構内にある立ち食い寿司屋さん「伊勢鮨駅中店」さん。伊勢鮨の本店は「ミシュラン北海道2017」で一つ星を獲得しており、その支店である駅中店でもとても美味しいお寿司をいただくことができました!次の予定まで時間に余裕があったため、食後にJR小樽駅前を少し散策してみることにしました。

今回のドライブは…結婚2周年を前にした今回のドライブは、ちょっと贅沢なディナーをいただくため「余市町」へ向かいました。目指すのは札幌から余市町に移転した有名な...

 

市場の外観

立寄ったのは、JR小樽駅前から徒歩2分の距離にある市場「三角市場」。市場の場所ですが、小樽駅を出て左を向くと見える「三角市場」と書かれた大きな看板。その横の階段を上ると直ぐに、三角市場の入口です。市場専用の無料駐車場はありませんが、市場の目の前の時間貸し駐車場と提携している様でした。但し、駐車場が無料となるのは「5,000円以上買い物をした場合のみ」で、無料となるのは1時間分のみです。

 

こちらは国道側の入り口です。

 

ゆるい坂道にお店が並ぶ珍しい市場!

三角市場は昭和23年頃から続く歴史のある市場。名前の由来は、土地と屋根の形が三角だと言うことからだそう。また平地ではなく緩い坂道に設けられた、特徴のある市場です。公式HPにも市場の説明書きがありましたので、以下に記載します。

小樽三角市場は小樽駅と国道5号線の間に位置しています。 名前の由来は、土地と屋根が三角の形をしていることからつけられました。

昭和23年頃、小樽駅前において7〜8軒の露天商がお店を出したのが始まりです。その後、出店者が相次ぎ、近郊地域の石狩地方や後志地方、遠くは上川地方や日高地方から、来客はもとよりも買出しに訪れる人々で賑わいをみせ、朝市として発展しました。

昭和32年5月、露天商30軒余りで任意組合を設立し、あわせて現在の市場を建設。その後、昭和37年7月組合員の要望により中小企業等共同組を設立。

合法に基づき、41名の組合員で小樽駅前市場組合を設立し、現在に至っております。

(参考:http://otaru-sankaku.com/about.html

 

市場なので、当然色々な魚や海産物・加工品などが並んでいました。

 

こちらは高級魚「キンキ」「八角」。この日(冬)の生ウニは1パック4,500円でした。

 

新鮮で未だ生きている状態の貝です。ホッキにツブ、ホタテに赤貝などが並んでいました。

 

こちらはカニの生簀。
この日、市場の中には大勢の観光客。大半は中国のツアー客と思われ、ほとんど全てのお店が賑わってました。カニを持って記念撮影をしている人がいたり、海鮮丼を食べるため市場内の飲食店に行列ができていたりで、とても活気がありました。

 

海鮮丼を食べることのできる飲食店も!

三角市場には全部で15のお店が並びますが、内6件が飲食店になります。それぞれのお店で海鮮丼などの料理をいただくことができるだけではなく、鮮魚店直営店では買った魚を捌いて食べさせてくれるお店もあります。ここでは、その一部のお店をご紹介します。

【はやしや食堂】

おばあちゃんが1人で営業する、三角市場で最も古い定食屋。 地元のお客さんがメインのお店なのだとか。生の丼ぶり以外にも、カレー・チャーハン・定食・ラーメンなどもできるそうです。早朝から営業しているので、旅の朝ごはんにもピッタリです。

電話:0134-24-1307
営業:6:30〜16:00

 

【味処たけだ】

同じ三角市場内にある鮮魚店「武田鮮魚店」の直営店。小上がりもあり、三角市場内で一番広いお店で、団体客の受け入れもできるそうです。海鮮丼・お刺身・焼き魚など、海鮮メニューが豊富です。

電話:0134-22-9652
営業:7:00〜16:00

 

【北のどんぶり屋 滝波食堂】

正確な記録は残っていないそうですが、創業は昭和20年より前と三角市場内で2番目に古い老舗のお店。市場内にある「滝波商店」直営の食堂です。貝類などは、注文後に水槽から取り出したものを調理してくれるそう。HP提示でサービス有り(H30.03.01現在)。

電話:0134-23-1426
営業:8:00〜17:00

 

【おもてなしの店 さんかく亭】

三角市場内の「奥村商店」と「網岸水産」の共同経営で、平成26年の1月に開店した新しめなお店。活ガニを湯がいて食べることのできる珍しいお店でもあるそうです。ネット見ましたで食事の方には「海鮮汁無料進呈(H30.03.01現在)」とのこと。

電話:0134-23-2446
営業:8:00〜17:00

 

石川啄木の歌碑も

三角市場のJR小樽駅側の入り口の側には「石川啄木」の歌碑が建立されていました。インターネットなどで全国から協賛者を募り、建てられたのは2005年10月23日。碑の裏面には協力記念に105名の協賛者の名前が刻まれています。なお碑の前面に刻まれているのは、歌集「一握の砂」より下記の歌です。

子を負ひて
雪の吹き入る停車場に
われ見送りし妻の眉かな
        啄木

 

SNSの反応

king crab! yummy

Jonさん(@jk_508)がシェアした投稿 -

 

次に向かうのは…

三角市場を人通り見学した今回。美味しいお寿司を食べた後だったので流石に海鮮丼を食べることはできず、次回訪問時に食べようという事にして市場を後にしました。三角市場には小樽駅側から入って国道側から出てきましたが、再度小樽駅に戻る途中に気になる喫茶店を発見。ご飯は食べたけどスイーツは未だ食べてなかったので、ちょっとだけ寄ってみました。次回は小樽駅前で食べた喫茶店のケーキをご紹介します。

<次にむかったのは…>

前回は…余市町に向けて車を走らせた今回のドライブ。JR小樽駅構内のお寿司屋さん「伊勢鮨駅中店」で昼食をいただいた後は、小樽駅のすぐ目の前にある歴史のある市場「...

 

【三角市場】

住所:小樽市稲穂3丁目10-16
電話:0134-23-2446



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.