【洋風どんぶりとブリュレのお店DonBru】リーズナブルなランチセット!市電駅側の新店!-札幌市中央区-

更新日:

外観

この日ランチを食べに伺ったのは、2017年12月10日OPENの新店「洋風どんぶりとブリュレのお店DonBru(ドンブリュ)」さん。洋食をどんぶりで提供する「洋風どんぶり」と自家製「クリームブリュレ」のお店です。

 

お店の場所ですが、札幌市電沿線の「西線6条」停の目の前にあるビルの1階となります。住所は南6条西14丁目となり、以前トルコ料理の「サバサンド」が名物だったカフェ「Perfe(パルフェ)」さんが入っていたテナントになります。某テレビ番組によると、パルフェさんは店主の方がご結婚されたことで閉店となったそうです。それが確か11月だったと思いますので、次のテナントが決まるまで1ヶ月もかからなかった様です。

たまたま録画していた番組、秘密の県民ショー。昨年に撮った奴をみていたら出てきたのが、トルコ料理のサバサンド。今や日本全国に提供店がある様で、メジャーな存在に...

 

<DonBruさんの隣のお店 LALEさんの情報はこちら!>

札幌のトルコ料理店、ラーレさんでランチタイム!この日伺ったのは、トルコ料理のお店「LALE(ラーレ)」さん。以前札幌市中央区の南3条通り沿いにあった「ビスト...

 

焼チーズキーマカレー ~DonBru風~ セット

焼チーズキーマカレー ~DonBru風~ セット 780円

こちらが「焼チーズキーマカレーセット」。丼ぶりに盛られたご飯とカレーが、別々の器で出てきます。セット内容は以下の通りとなります。

  • 焼チーズキーマカレー
  • 色とりどりの野菜とご飯
  • コンソメスープ
  • 福神漬け
  • ドリンク

 

別皿で出てきたカレー。水分少なめのカレーを想像していましたが、思ってた以上に水分の多いカレーです。またキーマという名前から細かい挽肉が全体的に入っているカレーだと思っていましたが、恐らくニ〇リと思われる器の底の方にいくつか大きめのひき肉が入っているだけ。キーマカレーというよりは、挽肉入りのルーカレーと言った方がしっくりきます。

 

ご飯の上には色とりどりの温野菜が散りばめられてました。ブロッコリー・カリフラワー・パプリカ・インゲン・ニンジン・ナス・トマトと、野菜の種類はとても豊富。洋風丼ぶりという名前の由来はこちらからなのかな、と思いました。とてもインスタ映えする見た目です。

 

この野菜たっぷりのご飯の上に、チーズごとカレーをかけていただきました。カレーのベースはカレーフレークの様なものと思いますが、お店できちんと手を加えている様です。辛さは控えめで且つスパイシーに仕上がっていましたが、カレーの上のチーズが個人的にあまり好きではありませんでした。チーズ自体は大好きなのですが、バーナーで炙ったことで焦げ臭さとガス臭さが完全にチーズに移っていました。また一度冷凍したものを解凍したと思われるブロッコリーとカリフラワーが、あからさまに水っぽかったです。

780円という価格を考えると、コスパは良好。内容はとても充実しているランチセットでした。

 

セットのコンソメスープと福神漬け。コンソメスープは少々濃いめの味付けで、薄味が好みのわたしには半分くらいの量で丁度良いくらいでした。福神漬けは普通の市販のやつです。

 

真狩産ハーブ豚のTONテキ DON セット

真狩産ハーブ豚のTONテキ DON セット 980円

妻がいただきました「TONテキDON セット」。セットの内容は以下の通りとなります。

  • 真狩産ハーブ豚のトンテキ
  • 色とりどりの野菜とご飯
  • コンソメスープ
  • たくあん
  • ドリンク

 

ご飯の上に色とりどりの野菜が散りばめられているのは、キーマカレーセットと同じでした。

 

メインのトンテキがこちら。そこそこボリュームのあるお肉です。

 

このトンテキをトンテキ丼にしていただきました。筋張っていない柔らかいお肉で脂身のバランスも◎。調理方法もシンプルで、素材の味がとても生かされていました。個人的はカレーより、トンテキの方がかなり好みでした。

 

コンソメスープとたくあんです。福神漬け同様、たくあんも市販のやつでした。

 

ミニブリュレ

ミニブリュレ 250円

食事と一緒に注文すると、通常350円のミニブリュレを250円でいただくことができます。ドリンクはランチセットの紅茶です。

 

原材料のうち特に卵にこだわりのあるブリュレで、札幌のお隣「江別市」にある「太田ファーム」さんのこだわりの卵を使用しているそうです。太田ファームさんでは、純国産鶏「もみじ」という品種に長年の研究成果であるこだわりの「発酵飼料」を与えることにより、最高品質の卵を提供しているそうです。

甘さ控えめのクリームブリュレで、とても滑らかな食感。ホイップした生クリームとベリーが添えられていて、ウエハース、上から粉砂糖で飾り付けされていました。器は恐らくニ〇リですが、ウエハースやベリーなどが添えられている分、250円にしては見ためから充実していました。正にお値段以上です。

 

店内の様子

お世辞にも広くはない店内ですが、その分1~2人で回すにはピッタリの広さ。ご主人と奥様?の2人で切り盛りしている様です。カウンター2席のほか、4人掛けテーブル席が3卓、2人掛けテーブル席が1卓でした。

 

メニュー表

ランチのメニュー表がこちら。

今回ご紹介したメニューの他には、クリームパスタやベーコングリル、真狩産ハーブ豚のTONシチューなどをいただくことができる様です。

 

グランドメニューがこちら。

ランチにはない「ビーフステーキ」「おつまみセット」などがある他、大きな器のクリームブリュレをいただくことができます。

 

最後に

今回は2017年12月の新店「DonBru」さんで、リーズナブルにランチをいただくことができました。私事ですが、実はこの日初めて札幌市電に乗車しました。いつもは地下鉄やバス路線しか利用したことがなく、たまに用事があったとしても車を使っていました。市電沿線にあまり所縁がなかったわたしが、初めて市電に乗って伺ったのがこちらのお店。市電を見ると思い出すこともあると思いますので、機会があればまた伺いたいと思います(車で…)。

 

 

【洋風どんぶりとブリュレのお店DonBru(ドンブリュ)】

住所:札幌市中央区南6条西14丁目1-20
電話:011-522-7929
営業:11:00~21:00
定休:無し(不定休)



Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.