【MEN-EIJI 南3条スガイディノス店】絶品!道産小麦のラーメンと濃厚豚骨魚介スープ!-札幌市中央区-

更新日:

店舗外観

本日伺ったのは、札幌ではかなり有名なラーメン屋さん「MEN-EIJI」の南3条店。南平岸の本店に続く2号店となります。お店の場所は、札幌市の中心部にあるアミューズメント施設「スガイディノス」のある「スガイディノスビル」の1階。スガイディノスと言えば、ゲームセンターやボーリング場、映画館などの施設が入っているビルになります。

 

お店の入り口はスガイディノスビルの裏側。裏側出口のすぐ横になります。

「MEN-EIJI」と言えば、魚介系ラーメンで有名なお店。スープももちろん美味しいのですが、それ以上に美味しいのは「麺」!これまで食べてきたラーメンの中でも、1、2を争うくらい旨くて特徴のある麺をいただくことができました。さてどんなお味なのでしょうか。楽しみです。

 

 

魚介豚骨醤油

魚介豚骨醤油 850円

頼んだのは「MEN-EIJI」で1番人気のラーメン「魚介豚骨醤油」。注文から出来上がりまでは、6~7分くらい。見るからに濃厚なスープの上には、以下の具材が乗っかってました。

  • 長ネギ
  • 玉ねぎ
  • ごぼう
  • チャーシュー
  • 魚出汁と柑橘系のジュレ

 

「MEN-EIJI」では無化調のラーメンを提供しています。HPによると食材本来の味でお客様に喜んで頂けるラーメンを提供し続けたい。という思いからだそうですが、無化調でもしっかりと主張の強いスープに仕上がってました。濃厚でとろみのある豚骨と魚介の旨みが調和したスープで、非常にコクも感じつつ味のバランスもとれてました。

「魚出汁と柑橘系のジュレ」が乗ってましたので、中盤以降はスープと混ぜていただきました。濃厚なスープの重さをさっぱりとした柑橘系の爽やかさが上手にカバーしてくれて、最後まで飽きずに食べることができました。

 

自社で製麺しているという麺は、自家製の多加水ストレート麺。モチモチっとした歯ごたえの良い麺で、濃厚なスープにも負けないくらいの小麦の香り…。濃厚なスープに良く合う、とても美味しい麺です。多分ラーメンの麺だけで言えば、今まで食べた中で1、2を争うくらいの美味しい麺でした!この麺は恐らく、つけ麺で食べた方がより美味しく食べられた様な気がします。

 

店内の様子

お店に入って直ぐ左側にある券売機。こちらで食券を購入してから席につきます。会計の手間は省けますが、初めての店で注文に迷った時には少々やっかい。混んでいる時だとなおさらです。なお、使用できるのは硬貨と1,000円札のみでした。

 

白とシルバーが基調の店内。上の方ではミラーボールとブラックライトが光ってました。店内はL字型のカウンターとテーブル席が1卓のみで、そこまで広くはありません。混雑する時間帯は注意が必要です。

 

メニュー表

こちらがメニュー表。

麺が美味しい「MEN-EIJI」なので、次に来る時にはつけ麺を食べてみたいと思いました。間違いなく美味しいと思います。

 

使用している小麦は、以下の品種の全粒粉。全て北海道産小麦を使用しています。

  • 春よ恋
  • キタノカオリ
  • ゆめちから
  • きたほなみ
  • 春きらり石臼挽き

なお「札幌味噌 eiji style」で使用している小麦は、北海道産の小麦で「ルル・ロッソ」という品種。北海道の留萌地方で作られる小麦で、名前の由来は、アイヌ語で留萌を意味する「ルルモッペ」留萌の夕日をイメージした赤のイタリア語「ロッソ」より。主にパスタで使われる小麦「デュラム種」に近いとのことで「ルル・ロッソ」を使用したパスタはよく見かけますが、ラーメンではあまり聞いたことがありません。なおルル・ロッソの特徴としては、以下の通りとなります。

  • デュラム小麦に近い硬さで、コシがあり茹で伸びの遅い麺となる
  • 小麦本来の香りが強い
  • 「コチコチ」としたこれまでの国産小麦にはない独特の食感。

 

SNSの反応

 

最後に

色々な雑誌やTV番組に取り上げられ、札幌では超有名なラーメン店の「MEN-EIJI」。魚介系ラーメンはあまり得意ではないので、今までず~っと避けてきたお店です。今回初めていただきましたが、スープよりもむしろ麺の旨さとインパクトに衝撃を受けました。スープ以上に麺が美味しいと思ったのは正直初めて。本文中にも書きましたが、こちらのつけ麺だけは一度食べておきたいと本気で思いました。

 

【MEN-EIJI 南3条スガイディノス店】

住所:札幌市中央区南3条西1丁目 スガイディノスビル 1 F
電話:011-271-2717
営業:11:00~15:00、17:00~23:00
定休:水曜、第3火曜



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.