【三角山五衛門ラーメン】しょうゆと塩のどちらも絶品!狸小路外れの有名ラーメン店!-札幌市中央区-

投稿日:

店舗外観

北海道に寒気が入り込みとても寒かったこの日の晩御飯は、温かいラーメンが食べたくなりました。そこで向かったのは「三角山 五衛門ラーメン」さん。看板メニュー「しょうゆラーメン」は、平成15年に発売された雑誌「北海道ウォーカー」のラーメンランキングで醤油部門1位の実績があります。また2011年公開の映画「探偵はBARにいる」のロケが行われたお店でもあり、劇中で「大泉洋さん」と「松田龍平さん」がこちらのラーメンを食べたそうです。

 

そんな「三角山五衛門ラーメン」さんのお店の場所ですが、住所は札幌市中央区の南2条西9丁目になります。札幌市の中心部にあるアーケード商店街「狸小路」を西へ進むと、狸小路9丁目の角に見えてくる屋台風の木造住宅が五衛門ラーメンさんの店舗です。駐車場はありませんでした。

 

 

鶏塩ラーメン

鶏塩ラーメン 850円

白濁した鶏白湯スープのような見た目のラーメンで、具材は以下の通りです。

  • 豚バラチャーシュー 2枚
  • 細切りメンマ
  • 半熟卵1個
  • 春菊
  • 長ネギ

 

鶏ガラスープがベースの塩ラーメンで、スープはくどくなく、また塩辛くもなく、ちょうど良い塩梅。鶏の旨みが美味しく引き出され、それを邪魔しないほどほどの塩加減でした。このスープがまた中太のストレート麺にとても良く合います。店舗で毎日作られているという自家製麺は、断面が円形ではなく四角形。角のある麺なのですが、この麺の食感が良くラーメンの美味しさを引き立てます。

具材のチャーシューやたまごも美味しかったですが、特筆すべきは「春菊」「細切りメンマ」。細くても食感の良いメンマと、一見ラーメンには合わなそうな春菊のクセのある味が、このスープと相性がピッタリでした。

 

しょうゆラーメン

しょうゆラーメン 650円

見た目から澄んだ色のしょうゆラーメン。三角山五衛門ラーメンさんの代表的なメニューです。具材は以下の通りです。

  • 豚バラチャーシュー 2枚
  • 細切りメンマ
  • 海苔
  • 春菊
  • 長ネギ

 

スープは見た目から優しい色合いで、あっさりとしていて少々薄口。鶏がベースのスープにはしっかりとダシが出ているので、少々薄口のしょうゆ味が引き立ちます。終盤の味に慣れたころは少々塩辛く感じましたが、こちらのスープも角のある麺に良く絡みとても美味しかったです。

 

店内の様子

店内の様子。
昔ながらのカウンターのみのラーメン屋さんで、ご夫婦で営んでいる様でした。店主も奥さんも第一印象は愛想のなさそうな感じでしたが、話しかけてみると表情がとても豊かで感じの良い方々でした。

映画「探偵はBARにいる」の舞台にもなったお店で、左奥の壁に貼ってあったポスターの横には「大泉洋」さんと「松田龍平」さんのサインも飾ってありました。

 

メニュー

メニュー表がこちら。
今回ご紹介した「しょうゆラーメン」と「鶏塩ラーメン」がメインのメニューとなる様です。他、トッピングと、ご飯メニューも充実していました。

 

味噌ラーメンは冬季限定で1日20食限定だそうです。

トッピングの天然岩のりは寿都産の「どんじゃ海苔」だそう。とても香りの高い高級海苔で、貴重で少々高めの海苔。今年は通年切らさずに仕入れが出来そうだとお伺いしました。

 

最後に

今回伺いました「三角山五衛門ラーメン」さん。前々から行きたいとは思っていたお店でしたが、駐車場が無く中心部から少々離れているため、なかなか足が向かなかった訳です。ラーメン自体久しぶりに食べた訳ですが、それがとても大当たりでした。こんなに美味しいラーメンを食べることが出来るのなら、もっと早く伺っていれば良かったと後悔です…。また必ず伺いたいお店です。

 

【三角山五衛門ラーメン】

住所:札幌市中央区南2条西9丁目998
電話:011-261-9701
営業:10:30~22:00
定休:無休



Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.