【北の住まい設計社カフェ】家具工房に併設されたオシャレなカフェ!?北欧系雑貨なども充実!-上川郡東川町-

投稿日:

前回は…

今回の目的地は「東川町」。道の駅で休憩した後は、大雪山からの湧水が溢れる「大雪旭岳源水」の遊歩道を散策。湧水の川が流れるきれいな散策路を歩き、実際に湧水をいただいてきました。とても冷たくて美味しい湧水と、きれいなコケが生す自然の持つマイナスイオンに癒され、とても清々しい気分に。ここで少し歩いてお腹が減ってきました。今回お昼ご飯を食べに向かったのは「北の住まい設計社カフェ」さん。早速車を走らせました。

【大雪旭岳源水】ペットボトルは持参は必須!大雪山からの湧水取水場!-上川郡東川町-
東川町へ向けて出発した今回のドライブ。旭川のカフェ「福吉カフェ」さんでは、朝食代わりに名物「ときわ焼き」をいただきました。東川に到着し最初に立ち寄ったのは、...

 

外観

東川町は木工が盛んな町で、多くの家具職人が集う町です。また美しい自然と風景に惹かれた方々が東川町へ移住し、木工クラフトや陶芸などの創作活動を行ったり、アトリエやカフェなどを営んでいます。今回ご紹介する「北の住まい設計社」の代表「渡辺」さんも、今から30数年前に東川町に移り住んだ一人。廃校となった東川町の山奥の学校を譲り受け、家具工房「北の住まい設計社」をスタートさせたそうです。そんな「北の住まい設計社」に併設するカフェが「北の住まい設計社カフェ」。自身の工房で作られた家具などを使用し、出来るだけ北海道産の食材を使った料理を提供しているそうです。

お店の場所ですが、東川町の山の中にあるので、初めて向かう方には非常に分かりずらいと思います。東川町にある「キトウシ森林公園」の前の道を東へ進むと、木工作家さんの工房などが数多く点在する「クラフト街道」と呼ばれる道が5km程続きます。そのクラフト街道沿いの奥にあるのがこちらのカフェです。詳しい場所は、一番下の地図でご確認下さい。

 

 

本日のパスタセット

エビとブロッコリーのバジルソースパスタ(スープ・サラダ・パン付)1,400円

大きなブロッコリー・ナスとエビがゴロッゴロと入ったボリュームのあるパスタ。バジルの風味と塩気が程よく濃い目で、とても良い味付けでした。しかし、明らかにアルデンテを通り過ぎた様な柔らかすぎなパスタに、噛まなくても舌でつぶれてしまうくらい火が通り過ぎなブロッコリーと、どれも食感が非常に残念。エビの食感だけが唯一の救いでしたが、個人的にはまたこのパスタが出てくるなら再訪はないでしょう。

 

セットのスープは2種類あり、選ぶことができました。

  • 豆と野菜のチョルバスープ
  • とうもろこしのポタージュ(+100円)

わたしはポタージュを注文。
地元産の食材で作られたコーンポタージュで、東川町の「谷口農場」さんの「ゆめのコーン」というトウモロコシと、旭川市の「クリーマリー農夢」さんの牛乳を使用しているそうです。トウモロコシの甘さが際立つポタージュスープで美味しかったのですが、特筆するところはありませんでした。「ピュアホワイト」の様な糖度の高いトウモロコシが出回って以来、札幌など町中のカフェのコーンポタージュでもかなり甘くて美味しくなっているのです。自然豊かな東川でいただくには物足りなさを感じました。ただ、裏ごししていない様なドロドロ感の残るポタージュは、これはこれでありでした。

 

サラダにパンがこちら。

元々カリカリに焼かれていたと思われるパンが、水分を含んでしっかり柔らかくなっていました。軽くトースターで温め直してくれると、より美味しく食べられたと思います。

 

ナスとズッキーニのピザのセット

ナスとズッキーニのピザ(スープ、サラダ付き) 1,300円

モチモチの生地の上に大きなナスとズッキーニ。
見た目のインパクトは大きいですが、ナスもズッキーニも薄く切り過ぎているため肝心な食感が全く感じられませんでした。こちらも味が悪い訳ではないので普通に食べることはできますが、もう一手間かければかなり美味しくなるはずです。パスタもそうでしたが、全体的にあと一歩足りないせいで折角の食材を台無しにしている様な気がしました。

 

スープは「豆と野菜のチョルバスープ」
チョルバとは「スープ」若しくは「シチュー」を指す言葉で、メニューでは「ルーマニアに古くから伝わる野菜たっぷりのスープです。発酵きゅうり、近郊で採れた無農薬の栄養豊富なビーツとラブパセリを使っています。夏の体にやさしい、乳酸菌と栄養いっぱいのスープです。」と説明されてました。

野菜たっぷりで良い塩梅。ピザとの組み合わせ的にはポタージュスープより断然こちらの方が◎でした。

 

メニュー表

メニューがこちら。

ピザ・パスタの他には、ニョッキのランチセットもありました。コーヒー・紅茶やケーキセットなどのスイーツもありましたので、食事なしでも大丈夫です。

 

店内の様子

会計カウンターから店内を見た様子。壁側にコの字型に席が配置されてしました。

木の質感と白が貴重となっている店舗で、カフェとしての雰囲気はとても良かったです。しかし、手の空いた店員さんが1ヶ所に固まって立っていて、結構話し声が聞こえてきました。回りがガヤガヤしているので大丈夫だと思っていたのでしょうが、そういう声こそ良く通ります。調理人もホールに時々出てきていましたが、どう見ても10~20代前半位の男性。調理経験が料理にそのまま出てしまったのかなと、思わざるを得ませんでした。

 

店内のベーカリーでは焼立てのパンを販売していました。店内のカフェへ続く通路から必ず見える場所にあるので、通るたびに目に付きます。特に焼立ての美味しそうなパンが運ばれてきた際には、気になって仕様がなかったです。

他、厳選された食材の販売が行われています。
ジャムやドレッシングなどの調味料、缶詰などを取り扱っていました。

 

北の住まい設計社 東川ショールーム

北の住まい設計社さんは「家具工房」。カフェだけではなく、家具類の販売も行っています。昔の学校を改装して作られたショールームには、家具類の他、たくさんの雑貨などが並んでいました。なおカフェで席が空くのを待っている間に、ショールームを見学することもできます。席が空いたらお店の方がショールームまで呼びに来てくれました。

 

駐車場に一番近い建物がショールームです。回りにはカフェに続く道と広い庭が広がります。

 

1階は食器や雑貨類が並んでました。家具は2階にあります。
「イッタラ」「マリメッコ」などの北欧系のインテリア雑貨のほか、衣服・食器・木製雑貨などが並んでいます。店内はかなり広く商品の数も非常に多いので、見ていて飽きません。なお一部の商品はオンラインショップ「GOOD NEWS」でも購入できます。興味のある方は、是非一度訪問してみて下さい。

 

SNSの反応

 

最後に

木製家具の販売を中心に東川町でとても人気の観光スポットとなっている「北の住まい設計社」さん。カフェではお昼時の行列は珍しくはなく、わたし達も30分程の待ち時間があったため、ギャラリーを見ながら待ち時間を楽しみました。ギャラリーは見ていて非常に楽しく、また女性の方が惹かれる雑貨などがたくさん揃っていましたので、それを見に行くだけでも訪れる価値はあると思います。カフェでは期待に沿う料理には巡り合うことは出来ませんでしたが、味付けは良いと思いました。調理次第で今回いただいた料理より必ず美味しくなるはずですので、今後の調理に期待します。

 

 

【北の住まい設計社カフェ】

住所:上川郡東川町東7号北7線
電話:0166-82-455
営業:10:00~18:00
定休:水曜

-北海道の物販店, 北海道のカフェ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.