この日ランチで伺ったお店は、札幌市中央区の円山地区にあるこちらのお店。

 


「おばんざい とらや」!
札幌の円山地区にあり、美味しい定食をいただくことができるお店。なお「おばんざい とらや」さんは、日本料理店「とらや」さんの姉妹店とのこと。「とらや」さんだと1人当たりの単価がランチでも3,000~4,000円位となってしまいますが、それに比べて比較的行きやすいのがこちらの「おばんざい とらや」さん。定食メニューが中心となるので、単価は1人1,000円前後からいただくことができます。

 

 


お店の場所は「にしん蕎麦本舗 八天庵 円山支店」の2階。建物左にある階段を上った先がお店となります。階段の下には暖簾とメニュー表がかけてありました。階段は少々急なので、足元にお気をつけ下さい。

 



店内の様子。
縦長の店内で、入り口入って直ぐ目の前にカウンター席。奥の窓側にテーブル席があります。窓からは店舗前の道路を見下ろすことができました。店員さんは年配の女性が一人。来店時は先客無しでしたが、後から2組が来店。どちらも年配の女性の方で、お1人での来店の様でした。

「おばんざい」と聞いて勝手にイメージするのは、カウンターの上におかずがずら~っと並んでいる状態。個人的にはあまり好きではないのですが(衛生的に…)、こちらのお店ではその様な状態は見受けられません。元々「おばんざい」という言葉も京都の一般家庭で作られる様なお惣菜を差す言葉の様ですし、必ずおかずが並んでいるという訳ではなさそうです。

 



本日のメニューがこちら。
日替わりの「おまかせ」定食は、カウンター席の方にぶら下げている黒板で内容を確認します。その他一品料理も黒板で確認。他の方のブログなどで「野菜の揚げ浸し」が美味しいと書いてある記事などを見かけましたが、おまかせ定食には全て揚げ浸しが入っていました。

価格は860円~1,620円と、比較的お手頃な価格。なお、男性と女性でご飯の量が変わるみたいです。男性は230g、女性は190g。大小の変更は出来そうなので、注文の際にしっかりとオーダーして下さい。

 






「お昼の定食」860円!
お腹の空き具合がそこまででは無かったので、一番量が少ないと聞いていた「お昼の定食」をいただきました。1,000円を切るリーズナブルな値段なのですが、それでもこれだけ充実した内容です。ご飯にお味噌汁、お漬物に小鉢が3つもついてきました。

ご飯は土鍋で炊いており少々固め。1粒1粒が立っていて、口の中でほぐれます。小鉢は「まぐろの香味揚げ」「切干大根」「もやしとほうれん草のごま油和え」で、お漬物もセットです。表面がカリッとしたまぐろの香味揚げは、少量でもご飯が進みます。切干大根ももやしもでしたが、全体的に上品な味で塩分は控えめ。その分、出汁が効いていて飽きさせることはありません。全てご飯に合う美味しいおかずで、大変満足できました。

 





「おまかせA」1,080円!
こちらも土鍋で炊いたご飯にお味噌汁。他に小鉢が3つセットになっており、基本的な構成は同じ。違うのは「まぐろの香味揚げ」「豚肉のみそ漬け」を選べることと、その他の小鉢の内容で「野菜の揚げ浸し」「卯の花」でした。

豚肉は食べごたえのあるものではなかったですが、みその味がしっかりと染みていた分、物足りなさを感じることはありませんでした。ご飯のおかずとしてはピッタリ。野菜の揚げ浸しは余分に脂を吸い込んでおらず、つけ汁にもそこまで油は浮いてませんでした。それぞれ美味しかったですが、やっぱり揚げ浸しにはナス!油が非常に良く合い、とても美味しかったです。

 

外食でバランスの良い食事を取るのはなかなか難しいですが、こちらならそれも大丈夫です。値段も比較的お手頃な価格ですので、円山地区で美味しい定食をいただきたい場合は、是非お立ち寄り下さい。

 


 

【 おばんざい とらや 】
住所:札幌市中央区大通西25丁目1-31
電話:011-622-2622
営業:11:30~14:30、18:00~23:00
定休:月曜日(日曜日は昼のみ営業)

 

コメントを残す