札幌を早朝4時に出発し、今回向かったのは道東の「浜中町」

 


途中の帯広市で朝食をいただき、また釧路市を越えた「厚岸町」の道の駅「厚岸グルメパーク」で本日2度目の休憩。この時点で昼の1時を回った位。そこそこいいペースで進むことができました。

【麦音】十勝産小麦100%使用のパン!モーニングもOK!-帯広市稲田町-
今回、札幌から向かったのは「釧路市」の東側にある「浜中町」。「ルパン三世」の原作者「モンキーパンチ」先生の出身地であり、広大な湿原「霧多布湿原」が広がる自然...

【道の駅 厚岸グルメパーク】地元産の牡蠣料理が満載!7年連続満足度1位の道の駅!-厚岸郡厚岸町-
今回、札幌から向かったのは「釧路市」の東側にある「浜中町」。「ルパン三世」の原作者「モンキーパンチ」先生の出身地であり、広大な湿原「霧多布湿原」が広がる自然...

 


そして、丁度お昼ご飯の時間となりました。
なので、今回はこちらの道の駅「厚岸グルメパーク」「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」内でいただくことにしました。こちらの道の駅には何度も立ち寄ってますが、食事をするのは初めて。前回ご紹介しました通り、道の駅内には軽食もあれば、またレストランが3件もあります。何を食べようかな~と、それぞれ見て回りましたが、今回はこちらのお店でいただくことにしました。

 




「レストラン エスカル」!
「コンキリエ」内の3件のレストランですが、1件はお酒もいただくことができるバール。もう1件は屋内でバーベキューをいただくことができるお店。そしてこちら「エスカル」は、丼ぶり・定食などを提供する、一番番人受けするお店です。しかしそこは厚岸町。厚岸町の特産物「牡蠣」を使用したメニューが盛りだくさんで、牡蠣が目当ての観光客にはピッタリのお店です。

階段を2階に上がって正面に位置するレストランで、訪問時はほぼ満席でした。お昼時にも係わらず運よく待たずに入れましたが、わたし達の後のお客さんは、中に入るだけでしばらく時間がかかっていた様です。若い観光客の方もいましたが、比較的年配の地元の方が多かったイメージです。

 

 








「えもん丼」1,200円!
厚岸町のご当地グルメで数量限定。名前の由来となった「えもん」は、厚岸のブランド牡蠣「かきえもん」から名付けられたとのこと。牡蠣エキスの入った炊き込みご飯の上には、かたくり粉としょう油で味付けされた「みたらし風」の大きな牡蠣が5個も乗っかっていて、これだけでもボリューム満点!更にツブの甘露煮やイクラ、昆布など他の具材もたっぷりで、値段の割りにかなり豪華な丼ぶりです。付け合わせは、同じく厚岸町で獲れた「あさり」を使ったお味噌汁とお漬物。

牡蠣は食感・風味がしっかり残っており、タレもみたらし風というほど甘すぎず、炊き込みご飯に非常に良く合います。かきえもんの特徴は何といっても大きくて食べごたえがあることだと思いますが、そんな牡蠣を5個もいただけたので、それだけでも非常に満足できる内容でした。丼ぶりの彩りにバッチリなイクラは少量で、その分他のツブや昆布の旨みが引き立ちました。味噌汁もあさりの出汁がバッチリ出ていて美味しかったです。

 






「あっけし牡蠣ステーキ丼」1,500円!
丼ぶりには、バター・塩コショウ・白ワインで味付けされた牡蠣ステーキが4個。中央にはイクラと山わさびが添えられてました。他、牡蠣フライが2個、生牡蠣も1個ついてくる、こちらも値段の割りに豪華なセットです。あさりのお味噌汁と漬物がセットとなるのは「えもん丼」と同じでした。

牡蠣を「焼き」でも「フライ」でも「生」でも食べたいという、欲張りな方にピッタリのメニュー。少量の生牡蠣と牡蠣フライに惹かれます。こちらも牡蠣がたっぷりで非常に満足できるものでした。鮮度の良い生牡蠣も美味しかったです。丼ぶりのご飯が白飯だったことと、生牡蠣・サラダなどがついていた分、全体的に濃い味の「えもん丼」に比べ、味にメリハリをつけて食べることができた様な気がします。

 







メニュー表がこちら。
今回ご紹介したメニュー以外にも、牡蠣が盛りだくさんなメニュー表。牡蠣天丼・カキフライ丼・かきめし・カキフライカレーなど様々なメニューがあり、どれもたっぷりの牡蠣が使われています。中でも人気のメニューが、厚岸産の牡蠣と豚肉を使った「かきぶた合戦丼」。ボリュームも満点で、人気のメニューだそうです。

 





他、卓上はこの様な感じ。
使われているお米は全て道産米だそう。調味料は塩・しょう油・ソースの他に、売店でも売られていた厚岸町の「金のかき醤油」。一番気になったのは、厚岸町産の牡蠣で仕込んだビール「オイスターブラック」。ドライバーなので諦めましたが、機会があれば是非飲んでみたいと思います。

 


 

【 レストラン エスカル 】
住所:厚岸郡厚岸町住の江2丁目2番地
電話:0153-52-4139
営業:
・9:00~21:00(4月~10月)
・10:00~19:00(11月~12月)
・10:00~18:00(1月~3月)
定休:
・4~6月、9~3月の月曜(月曜祝日の時は翌日)
・年末年始(12/28~1/2)

 

コメントを残す