天瑞華 - 中国 北京 - 【 番外編 2日目/3泊4日 2010年北京の旅 No.4 】

更新日:

頤和園を出た一行は、この旅で1件目のお土産屋さんに到着!
ツアーに組み込まれているお土産屋さんは、計4件。
やたらと多すぎるんでない? と思ってたら、案の定意図的な物。
各お土産屋さんと提携してて、売上の何%かがガイドさんの懐に入る仕組の様。
収入が少ない事を気にしてたガイドさん、こんな所で補ってたんですね~。
1件目に行ったのは、シルクのお店 「 天瑞華 」 さん!
蚕
店内の様子

店に着くと早速、店員さんによるシルクが出来上がるまでの説明が。
カイコの成長の様子なんかの説明を受けたり、実際にシルクを触ってみたり。
奥にはシルクで作られた製品がずら~っと並んでました!
シルクを伸ばす
シルク製品の群れ
上の写真はシルクの布団を作っている様子。
うずらの卵位の大きさの糸のかたまりを4人掛りで伸ばしていきます。
それを何十枚も重ねて出来上がった一枚の布団。
価格は高いものでも780元。 この頃は 1元 = 15円位だったかな?
1万円前後でシルクの布団が買えれば、日本で買うよりかなり安い!
その他には、チャイナドレスやハンカチなんかのシルク製品がたくさん!
でも序盤であんまりお金使いたくなかったし、買い物はお預け!
他の人も買ってる人はあんまりいなかったかな~。
そのせいか、バスの中ではガイドの人が不満タラタラ…。
もっと買えだとか、前のツアーではこんなに買った人がいたんだ、とか…。
聞き流してましたが、日本だと即刻クレームもんですかね。
モナー
中国でもおんなじ
そんな中、時間をもてあましたわたくし達は、とにかく店内をぶらぶら…。
そしたらこんな物を発見したので、思わず写真撮っちゃいました!
モナリザ柄の布団。 目に着く事は間違いなしだけど、寝たら悪夢を見そう…。
他にも動物の柄の布団があり、その中に何故かキャプテン翼の柄の布団が。
下の写真は消化栓。
火災の時の連絡先は日本と同じ、119番。
ほ~、と思い思わずピース!
【 天瑞華 】
北京市海淀区



-北海道より世界へ

Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.