道南ドライブ2日目も終盤。乙部町では「箱館戦争官軍上陸の地碑」を見学し、滝瀬海岸の「くぐり岩」を満喫!他、乙部町にある湧水スポットを全部回ってみたかったですが、時間の関係上断念しました。

【箱館戦争官軍上陸の地碑】新政府軍上陸の記念碑!乙部町の幕末の史跡!-爾志郡乙部町-
道南ドライブは2日目。結婚記念日&妻の誕生日を江差町の高級旅館「群来」さんで迎え、非常に美味しい食事と自家農場の見学でとても楽しむことができました。特に群来...

【くぐり岩】約400年前に作られた人工的なトンネル!-爾志郡乙部町-
江差町の旅館「群来」さんで1泊し、次の日を迎えた今回のドライブ。2日目の本日は、札幌へ帰りつつ途中に色々と寄り道することとしました。今回は函館方面は避け、日...

 


「親子熊岩」!
乙部町から北上し「瀬棚町」大成区に到着!瀬棚町には変わった形の岩「奇岩」がたくさんありますが、ここ大成区にある代表的な岩がこちらの「親子熊岩」。熊の親子の様に見えることから名前がついた様ですが、現地看板にはこの岩にまつわる言い伝えが記されてました。今回はこちらの岩をご紹介します。

 

 


「国道229号線」追分ソーランラインを北上。前日海鮮丼をいただきました熊石町の「かきた」さんを通り過ぎ、瀬棚町大成区へ。しばらく走ると国道沿いに4~5台分は停める事のできる駐車場と看板が見えてきます。この目の前にあるのが「親子熊岩」です。

【寿し処 かきた】あわびの里「熊石」で手頃な価格の贅沢海鮮丼!-二海郡八雲町熊石-
江差町の少々お高い旅館「群来」さんを目指し、札幌を出発した今回のドライブ。群来さんでいただくことが出来る豪華な食事を目的にし、こちらの宿を予約。今回伺うこと...

 


現地看板には以下の様に書かれてました。

ー親子熊岩物語ー

 大昔、この地に天変地異をもたらす大嵐があり、生物の生存をおびやかし、自然の猛威は飢餓という試練を与えた。
この頃、山奥に親子の熊が棲んでいたが飢えをうったえる子熊を連れ海岸に辿りついた。親熊は海岸に群れる子蟹を見つけ食べさせていた。子熊も親のしぐさを真似て子蟹を追ったが、一瞬のうちに岩をすべり海中へ…。
親熊は夢中で溺れる子熊を助けるため手を伸ばすがぬれた岩に足をとられ、無残にも海中へ…。
一部始終を見ていた海の神様は、子を思う親の愛の深さに心をうたれ、溺れる親子を救いあげ、愛の姿をそのままに岩にさせたのであった。

 



う~ん神様、一部始終見ていたのなら岩に変えずに助けてやって~、と思ってしまいました。親子の愛の姿を形に残したかったのかも知れないけれど、岩にされた方はたまったものじゃあないですよね…。

それにしても、一度熊に見えたら、もう全く他のものには見えません。それだけハッキリした形の岩。瀬棚町へ行かれる際には是非お立ち寄り下さい。

 


さて、これで今回の1泊2日道南ドライブは終了!
この後は参道の過酷さが日本一とも噂される瀬棚町の神社「太田山神社」の鳥居を見学。わたしは3年前(位)に単独で本殿を参拝しておりますが、妻は鳥居すら見たのも初めて。いつか登ってみたいと言っていた妻も、スタートの急な石段を見て怖気づいてました。ってことで今回はパス。機会があれば、また登ってみたいですね。

太田山神社 - 久遠郡せたな町 -
エクストリーム参拝という言葉で検索すると、でてくるのは 「 大田山神社 」 の文字。日本一参拝が危険な神社との事だが、いったいその真相とは…。そんな情報をFac...

瀬棚町から今金町を抜け、長万部町へ。豊浦・洞爺湖・ニセコ・喜茂別と進み、札幌へ帰ったのは、夜の9時近く。今回のドライブも非常に満喫できました。道南にはまだまだ行きたいところがてんこ盛りなので、今年もう一度くらいは伺いたいものです。

 


 

【 親子熊岩 】
住所:せたな町大成区長磯

 

コメントを残す