江差町の少々お高い旅館「群来」さんを目指し、札幌を出発した今回のドライブ。群来さんでいただくことが出来る豪華な食事を目的にし、こちらの宿を予約。今回伺うこととした訳です。

途中通過する八雲町では「噴火湾パノラマパーク」にて景色を一望し、また「八雲町木彫り熊資料館」では木彫り熊発祥の地である八雲町独特の木彫り熊を見学することができました。

【八雲町郷土資料館・八雲町木彫り熊資料館】木彫り熊発祥の地に道内各地の木彫り熊が終結!-二海群八雲町-
私事ではありますが、3月に初の結婚記念日を迎えました。妻の誕生日も兼ねて、ちょっと贅沢な旅行プランを計画。今回の目的地は道南の「江差町」。奮発して江差町にあり...

 


「寿し処 かきた」さん!
八雲町からは「国道277号線」を越え、噴火湾側から日本海側へ進み「熊石」へ。2005年に八雲町と合併した熊石町ですが、こちら八雲町熊石地区は「蝦夷あわび」の産地として有名な地区。あわびの中間育成施設などの設備も充実し、毎年「熊石あわびの里フェスティバル」というイベントまで開催されるほどです。

そんな熊石地区でお昼の時間を迎えた私たち。
お腹を満たすために向かったのは、今回が2回目の訪問となる「寿し処 かきた」さん。創業から40年を超える老舗のお寿司屋さんです。当ブログでは初めてのご紹介となりますが、前回訪問時の2年前に大満足させていただいたお店だったため、今回再度伺うことにしました!

 

 


「海鮮丼(上)」1,500円!
今回ランチメニューから選んだのは、こちらの海鮮丼!丼からこぼれ落ちそうな位に山盛りの海鮮に、出て来た瞬間”オォ~っ!”と声がこぼれました。セットになっていたのは、エビ出汁のお味噌汁と、たくあんの千切りです。

 


丼自体は小ぶりですが、そこそこ深さがありますので、ご飯の量も結構なものです。それ以上に目を惹かれるのが、山盛りに積み上げられた海鮮の山!ブログ用の写真には持ってこいの絵が撮れました。箸を入れたらこぼれ落ちてしまうので、小皿にネタを移しながらいただいていきます。

 


たっぷりと盛られたご飯に敷かれた錦糸卵・ツマの上には、たくさんの海鮮。数えるだけでも、イカ・イクラ・タコ・かまぼこ・タラコ・ボタン海老・カニ・ホタテ・ホタテのヒモ・ホタテの卵巣・ツブ貝・アワビ・ヒラメ・マグロ・玉子…等。

1,500円でこれだけの量!
見た目だけでお腹一杯になります。

 


お店にあった生け簀の中には、たくさんの「あわび」「ホタテ」。調理前に生け簀から取り出し、さばいたのを直ぐにいただくことができるので、あわびもホタテも角が立ったコリッコリの食感で、とても美味しい!

 


ご飯の酢加減もわたし好みのちょいとしっかりめ。ご飯の上に敷かれた錦糸卵にツマもいいアクセントとなり、最後まで美味しくいただくことができました。

 



エビ出汁が強めのお味噌汁に、たくあんの千切りです。

 


「にぎり 松(10貫)」1,600円!
妻がいただきました、ランチメニューの握り寿司がこちら。エビ出汁のお味噌汁にたくあんの千切りがついてくるのは同じでした。

 


いくらにとびっこ、マグロの軍艦は、見た目通りのお味とのこと。

 


数の子、中トロ。
イカの上にはウニが乗っかってました。

 


ボタン海老に活ホタテ、鯖に活アワビ。

 


「熊石どか盛り海鮮丼」2,800円!
前回訪問時にいただいた海鮮丼がこちら。丼のてっぺんに乗っているのは、生け簀からだしたばかりの活アワビ!もちろんホタテも活ホタテ。他、丼に入りきらないウニなどのネタが、お皿の横に贅沢に乗っかってました。軍艦巻きでも食べることが出来るように、シャリが2貫にのりがついてきます。

 




ランチ海鮮丼と同じく豪快な盛り付けの「どか盛り海鮮丼」
やっぱり鮮度の良い活ホタテで、角が立っていて良い食感。また活アワビは生け簀から出したものをそのまま丼に乗っけているので、まだ丼の上で動いていました!生きているアワビに噛り付くのは少々躊躇しましたが、とても美味しいコリッコリのアワビで、薄切りでいただくのとは違い食感と食べごたえが良く、大変満足できるものでした。

 




店内の様子。
お店に入ると直ぐ目の前にはカウンター。奥には座敷があった様ですが、カウンター席からはのぞくことができませんでした。またカウンターの側にあったのがこちらの生け簀。中にはたくさんのホタテやアワビが入っており、調理の直前に生け簀から出した捌きたてのものを提供してくれます。

 




お店ですが、店舗前の道路から少し奥まった場所にあり、道路沿いに看板が立っているため見落とすことはないと思います。また道路沿いに8台分の駐車場もありますので、意外と間口は広いです。

 






メニュー表がこちら。
ご紹介した料理の他にも、アワビを使ったメニューが一杯ありました。アワビの握りだけ10貫で3,500円なんてのもありましたし、アワビの踊り食いもできます。ふんだんにアワビを使っているのにも係わらずこの価格とは破格!

ご主人曰く、1,000円台のランチメニューより2,000円台の通常メニューの方が一気に内容が良くなるとのことでしたので、3度目の訪問時にはまた違った料理をいただきたいと思います!

 


 

【寿し処 かきた】
住所:二海郡八雲町熊石雲石町52-1
電話:01398-2-3148
営業:11:00~21:00(ランチタイム 平日11:00~14:00)
定休:不定休
駐車場:8台

 

コメントを残す