太田山神社 - 久遠郡せたな町 -

投稿日:

エクストリーム参拝という言葉で検索すると、でてくるのは 「 大田山神社 」 の文字。
日本一参拝が危険な神社との事だが、いったいその真相とは…。
そんな情報をFacebookで見つけてしまったからには、いてもたってもいられない!
こみ上げる衝動を抑えられず、札幌から向かったのは、道南のせたな町!

大田山神社鳥居

こちら 太田山神社(おおたさんじんじゃ)は、北海道で一番古い且つ西にある神社。
道道740号北檜山大成線沿い。 大成市街地付近の山側にこちらの鳥居がみえてくる。
駐車場はないけれど、鳥居の前に比較的大きめな路側帯があり、車4~5台はとめられる。


IMG_4404.jpg 
IMG_4407.jpg 
鳥居横には看板が複数。 どれどれ、登る前に見ておこう。
落石が落ちてくる可能性があるのね、ふむふむ。 敷地内の事故は自己責任で、当たり前だな。
マナーの悪い人も多いのだとか。 神社参拝に行くのに敷地内を荒らしちゃダメでしょ!
他にも幾つか看板が。 一通り一読。 さて、よーく分かった所で準備、準備!
IMG_4413.jpg 
さて準備! ウィキペディアでの事前情報だと、熊・マムシ、蚊やハチなんかにも注意との事。
クマよけの鈴は持っていないので、ポケットに i-Pod 仕込ませて、音量は最大に。
虫除けスプレーを満遍なく吹きかけ、軍手を装着したら、早速スタート!
最初の鳥居の先に出てくる石段は結構な急勾配…。 その斜度平均45°だそう…。
奥行もあんまりないし、足も少しはみ出すくらいの、ちょっと危ない石段。
左右には手すり、ロープがかかっており、つかまりながら登るのが良さそう。
手すりの方がいいかなって思ってたら、手すりが乗っかってる石柱が所々崩れてました。オット!
IMG_4376.jpg 
階段を上りきった所で振り返っての一枚。 ほー、結構急だったんだな~、やっぱり。
上から見下ろす方が怖いね、これ。 一段毎に土やら積もってて、若干足元は滑った記憶が…。
さてここからは獣道。せたな町HPによると、全行程705mの内、この時点で43m地点。
目的地までは600m強。 まだ休んでいられません!
IMG_4377.jpg 
道中にはロープが常に張ってあり、道に迷う心配は無し! だけど緩い坂は最初だけ、ドンドン急斜面に。
水の流れている場所を越え、斜めにかけられた鉄製の梯子を登り、ほぼ崖な斜面を上っていく。
斜度は先ほど上ってきた階段と同程度の坂道。 急斜面には砂利も転がっており、足元がとられる。
ホント軍手はいてきてよかったよ。 ロープ掴んでなきゃ滑落しててもおかしくなかった場面も何度か。
それにしても、ここに来るのにコンバース履いてきたのだけは悔やまれる…。 笑
IMG_4380.jpg 
350m付近まで来るとみえてくるのが 女人道。 こちらでは休憩ができそうな平坦な場所もあり。
足元は滑るし、途中から足も疲れてきて、ロープを掴んでいた腕でここまで登ってきた。
なので、折角だから休憩していきたい。 しかしここで立ち止まれない事情が発生!
ここに来るまでに汗をかきすぎた! 虫除けが全くきかない!
立ち止まると薮蚊が寄ってくるので、オチオチ休んでもいられない。 これが大田山神社の洗礼か?
結局、休みなしで残り半分の行程を進むのでした。
ちなみにこの日、薮蚊以外にはハチもマムシも他の虫にも遭遇せず。
その点では比較的安心して登れました!
IMG_4383.jpg 
息も切れ切れ、体もバテバテになった650m付近。 やっと見えた! 本殿への鳥居!
目的の本殿はこの鳥居をくぐると見えてきます!
IMG_4388.jpg 
出たー! 本殿への最後の道のり! 岩場に設置された足場のすぐ右手側は絶壁!
落ちたら確実に死ねる高さ! 神社に参拝に来るのに、こんなシチュエーションは初めて!
頼りなさげな錆びた鉄柱で作られた橋を登っていきます!
IMG_4389.jpg 
幅は約1m、長さは16m程しかないこちらの道。 意外と急な坂道。
手すりも所々なかったり、時折パラパラと音が聞こえてきたり…。ホントに大丈夫か?
しかし最終目的地はすぐ目の前! ここまで来て帰れない! 早速進みます!
IMG_4391.jpg 
さて本殿真下まで到着! 相変わらず一歩分横には絶壁。 落ちたら死ねる高さ。
そして本殿はこの岩場の上の穴の中! 最後の難関、岩場登りに挑戦です!
上から垂れているのは、ロープと鉄輪。 これを使って上まで登っていきます!
高さはおよそ7m。 流石にロープだけで登る勇気はないし、ここは無難に鉄輪を使用。
しかし鎖は上から垂れているので結構揺れる。足元を確認するのに下を向くのも気が気でない。
それでも一歩ずつ何とか登って行けました!
IMG_4396.jpg 
そして無事に本殿到着! 本殿の穴の大きさは奥行・幅・高さ共に3m程度でしょうか。
狭い穴の中にお社が一つ。 こちらが大田山神社の本殿!
祀っていつのは猿田彦神との事。他、経歴等の細かい事はウィキペディアでご確認下さい。
それよりもまず感じるのが達成感! 山に上っても、崖や岩場を上ることってあんまりない。
だからその分楽しかったし、所要時間も1時間弱と手軽に行けるのも魅力の一つ。
そして…。
IMG_4397.jpg 
本殿からのこの景色! 海岸沿いに車を停めて登ってきたはずなのに、気づけばこんなに高いところまで。
道中かなりきつかったのも納得。 距離が短い分、斜度が半端なかったからな~。
午後4時位から登り始めていたからか、日が暮れ始めていた日本海がやけに眩しく綺麗に見えた!
この景色が見れたから若干きつくても良かったな~と思える。 ホントに綺麗でした!
さて一息入れてからは下山の準備。 登山では下りの方が足に負担がかかって大変と聞きます。
が、こちらは負担どころか、一歩間違えば滑落してしまいそうになるので大変でした。
岩場下り、道中の急な斜面、最後に階段と、ロープを掴んでなきゃ安心して歩けませんでした。
おかげで腕が筋肉痛…。次の日はかなりしんどかったです。


【 大田山神社 】
住所 : 久遠郡せたな町大成区大田17番地

-北海道の寺社・修道院

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.