札幌を早朝に出発し、流氷を目がけ網走市に向かった今回のドライブ。網走で流氷観光を楽しんだ後は、北見の和菓子屋さんでおやつをいただきました。また帰りの途中で寄った上川町の層雲峡では「氷爆まつり」に立ち寄り、マイナス20℃以下の世界で氷の祭典を楽しんできました!

【流氷観光船おーろら】真冬の流氷クルージングは紋別とこちら!-網走市南3条東4丁目-
久しぶりに2連休を取る事のできた、この間の週末。その週の頭のNEWSで、紋別・網走に流氷が接岸したことを確認。よ~し、折角休みだし久しぶりに流氷を見に行って...

【菓子處 大丸】名物「ほっちゃれ」!北見の老舗和菓子屋さん!-北見市北2条西2丁目-
今回、夜中から車を走らせ向かったのは「網走市」。朝方に到着してからは、仮眠も取らずノンストップで流氷観光。食事もして、博物館やオホーツク流氷館も見学できまし...

【層雲峡温泉 氷爆まつり】石狩川河川敷で行われる雪と光の祭典!-上川町層雲峡温泉-
今回のドライブでは、深夜2時に札幌を出発し、早朝に網走に到着。流氷を見た後、網走市内を観光、途中の北見で休憩を取って楽しんできましたが、流石にそろそろ帰路に...

氷爆まつりをかなり楽しんだ訳ですが、その分体がすっかり冷え切ってしまいました。流石にマイナス20℃の中に1時間以上もいればそうなるか。冷え切った体を温めるため目指したのは温かい食事。体の中から温めることにしました!

 

IMG_20160227_191341.jpg
「あさひ食堂」!
暖かい食べ物のうち、選んだのは「ラーメン」!上川町では1986年より「ラーメン日本一の会」が発足し、発足当初より町内14店が加盟していたそうです。それを事前に知っていた訳ではありませんが、現在の時間と場所から今からでも向かっても間に合うお店の中から決めました。

なお、上川町のラーメンの特徴が良く表れている「ラーメン憲章」。以下の通り定められています。

「上川町のラーメンは、大雪山麓の清らかな麗水で製麺し、スープをつくり、麺をゆであげ、加えて洗練された技術と研究により、お客様に日本一おいしいラーメンと喜ばれることを自負し、そのためにあらゆる努力を傾けることを誇りとして、この憲章を掲げます。」
1.ラーメンのスープを90℃にして出します。
2.ラーメンの味を守るため、一度に多量の麺をゆでません。
3.ラーメンの味を楽しんでいただくため、各店独自の味を出します。
4.ラーメンの日を毎月一日とします。
5.ラーメンを気持ちよく食べていただくため、店内を清潔にします。
6.ラーメンをこよなく愛し、お客様をあたたかく迎えます。
(ウェブマガジン カムイミンタラより引用。http://kamuimintara.net/detail.php?rskey=53199211t01)

 

 

IMG_20160227_191914.jpg
IMG_20160227_191728.jpg
IMG_20160227_191731.jpg
IMG_20160227_191739.jpg
店内はそこそこ広く、カウンター席・テーブル席に座敷席もありました。駐車場は店舗横に数台分。訪問時は休日の夜6時台で先客は3組。家族連れが多く地元に根付いたお店の雰囲気が感じられるラーメン屋さん。時折店主の威勢の良い声が店内に響いてきました。

時間も遅かったんで、1日限定20食の「幻の塩らぁめん」は既に売切れでした。それであればと、ここは一番人気の「特みそ 930円」を注文しました!

 

IMG_20160227_192424.jpg
IMG_20160227_192452.jpg
「特みそ」930円!
味噌・塩・しょう油とラインナップが揃ってましたが、こちらのお店は味噌が自慢とのこと。北海道の新鮮な野菜・果物からジュースを作り、同じく北海道産の田舎味噌と混ぜ合わせ強火で煮込み、てりとこくを出しているとの事です。

麺は白っぽい中太縮れ面で、スープにはそこそこ油が浮かんでました。味濃いめのこってり系ラーメンを想像しつついただきましたが、食べてみると意外な事にさっぱりした味で、更にはあんまりくどくない。ちょっとさっぱりし過ぎと感じる程で若干の物足りなさもありましたが、ごま油?系の風味がそれをしっかりとカバー。最後まで飽きずにいただくことができました。

具材のきくらげ、柔らかいメンマ、バラ肉っぽいチャーシューは後乗せな分若干冷たかったですが、それぞれ食感が良く美味しくいただきました。

 

IMG_20160227_192516.jpg
「 ミニしおセット」 830円!
半ラーメンと半チャーハンのセット。ミニしおラーメンもかなりあっさりしていて、ごま油系の風味が感じられるスープ。この風味が決め手って言っても過言ではない程、ベースのスープがあっさりしてました。パンチのあるラーメンが好きな人には向かない味です。ラーメンがあっさりしていたので、しっかりと味のついたチャーハンが非常に良く合いました。このセットは結構相性がいいと思います。

 

さてお腹も一杯になり体もあったまったので、そろそろ寄り道せずに札幌へ帰ることにしました。やっぱり高速道路を使わず、到着したのは夜の11時半過ぎ。朝の2時過ぎに札幌を出発してから帰ってくるまで、凡そ22時間ぶっ通しで運転・観光してきた訳です。途中一時かなり眠くなり30分程仮眠を取りましたが、良く体持ったな~と自分でも驚くばかり。結構な強行日程でしたが、今回のドライブも非常に楽しむ事ができました。

 


 

「らぁめん道 あさひ食堂」
住所:上川郡上川町南町135
電話:01658-2-1738
営業:11:00~20:00(月曜のみ15:00まで、月が休日の場合は火曜日)
定休:無休

 

コメントを残す