札幌から網走に到着し流氷観光船「おーろら」に乗船!流氷クルージングを楽しんだ後は、「巨大ニポポ」の前の海岸沿いに漂着していた流氷に乗ったり触ったり。そんなこんなでプラプラしていると、時間は既にお昼。

そろそろご飯にしようかな。でも現在地は、網走市より斜里町に向かう途中の町外れ。どこかいいお店がないかな~、ととりあえず車を走らせてみました。

 

IMG_20160227_113121.jpg
すると見えてきたのは「JR北浜駅」
「流氷展望台」が併設されているこちらの駅は無人駅。そういえばテレビか何かで見たことあるな、ここ。北海道ローカル番組等で道東の特集を見ていると時折でてくるのがこちらのお店。記憶では無人の駅舎を利用した飲食店が取り上げられていました。

ちょっと寄ってみようかな~、って事で本日の食事はこちらのお店、【 軽食&喫茶 停車場 】さんにて!

 

 

IMG_20160227_113205.jpg
IMG_20160227_113210.jpg
駅舎の中の壁一面には、個人の名刺やカード類が壁一面に貼られています。北浜駅を訪れている人が、記念に残していくのdしょうね。こういうのは見ているだけでも楽しいです!

訪問時、駅舎のベンチには5人位の人が座ってました。もしかして行列待ち?お腹空いてるのに~と、少々ドキドキしましたが、どうやら違う様。後でわかりましたが、どうやら電車を待っていたお客さんの様で、ホームに到着した1両編成の電車に乗っていくのが見えました。乗降りしていた乗客の方は、恐らく流氷目掛けた観光客。その他、カメラを構えたいわゆる「撮り鉄」の方もたくさん見かけました。

 

IMG_20160227_113537~2.jpg
早速お店の中へ!
お店の中には、テーブル席が4席とカウンター席。訪問時はギリギリ待たずに入れましたが、その後に2~3組位が立て続けに来店。帰り際には順番待ちの列が出来てました。さすが流氷観光真っ最中の網走。お店もそれほど多くはないでしょうし、行きつくところはみんな同じ。混雑するのもわかります。

お水を持ってきてくれたのは、職人気質っぽい(と、勝手に思っただけですが‥)シェフ。始めて話しかけるにはちょっと躊躇してしまいそうですが、決して対応が悪いなど嫌な感じはありません。むしろお二人いた女性スタッフの方。こちらの方々は愛想がなくムスッとした感じでした。忙しかったみたいだし、たまたまかな?

さて注文。初めての店では鉄板メニューかご当地ものを選ぶ事の多いわたくし。せっかく網走に来たことだし、何かご当地ものはないかな~。ハンバーグ等では網走感がないので、ここは一番雰囲気出てそうな「オホーツクラーメン」1,200円 をお願いしました!

 

IMG_20160227_114355.jpg
IMG_20160227_114445.jpg
塩味がベースのオホーツクラーメン。具材は、カニ、ホタテ、イクラ、シャケなどが乗っかっており、あっさり・サッパリのスープに海鮮のダシが溶け込んでます!程よく油が浮いているので淡白すぎることもありません。ホタテとシャケは大きく、豪快にかぶりつく事ができる位の食べごたえ。イクラは、麺を持ち上げた瞬間に真っ先に器の底に沈んで行きましたが、レンゲですくってしっかりといただきました。カニはほじって食べる為、手拭き用のタオルが一緒についてきましたので、豪快に素手でいただきました!

 

IMG_20160227_114157.jpg
表の看板にも記載のあった「ホタテカレー」950円!
器の形や大きさにもかなり目を惹かれましたが、カレーの中のホタテの数には更にビックリ。大きなホタテがゴロッゴロと入ってました!

カレールーは普通な感じで、どこかで食べた様なお味でしたが、ホタテの貝柱がここまで入ったカレーは見たことないし、ホタテだけでも食べごたえがあります!これで950円なら試す価値ありかと思います。

また停車場さんでは、夜にコース料理をいただく事も可能なのだとか。5,000円からだそうですが、このロケーションでコース料理をいただけるなんて結構意外!機会があれば一度試してみたいものです。

 


 

【 軽食&喫茶 停車場 】
住所:網走市北浜無番地 北浜駅
電話:0152-46-2410
営業:11:00~20:00
定休:火曜日
駐車場:有り

 

コメントを残す