「レストランあかげら」でいただくご当地グルメ”煮込みジンギスカン”と、たっぷり本マグロの海鮮丼!

更新日:

なよろ温泉サンピラー内のレストラン「あかげら」でランチタイム!

今回は、道北で冬のアウトドア体験を楽しむことのできる企画「冬旅」へ参加してきました。
メイン舞台は名寄市のピヤシリスキー場と、併設する「なよろ温泉サンピラー」。「雪板トレック体験」や雪上車への乗車体験&ナイトクルーズなどを体験し、隣接する幌加内町では朱鞠内湖で極寒の「ワカサギ釣り」を体験。道北の冬をとても楽しむことができました!下のボタンから詳細ページへ移動できますので、興味のある方はご訪問下さい。

冬旅の詳細ページへ

そんな冬旅の開始前。
集合場所となる「なよろ温泉サンピラー」に併設する「レストランあかげら」でランチタイムとすることに。あまり期待はせずに向かいましたが、ご当地グルメや海鮮丼など思っていた以上にメニューが充実!美味しいランチを味わうことができました。さっそくご紹介します。

 

名寄のご当地グルメ「なよろ煮込みジンギスカン定食」!

「なよろ煮込みジンギスカン定食」 1,000円

ジンギスカンの食べ方と言えば、ジンギスカン用のジン鍋で野菜と一緒に焼いて食べるのが一般的。しかしここ名寄市では、ジンギスカンをつけダレごと鍋で煮込んで食べる「煮込みジンギスカン」が広く家庭に広まっています。煮込みジンギスカンは、ご当地グルメとして「B1グランプリ」にも参加した経緯あり。町おこしにも一役かっており、市内9店舗で煮込みジンギスカンを食べることができます。

この煮込みジンギスカンに、ごはん・お味噌汁・お漬物・コールスローがセットになった定食をいただきました。この日はもう車を運転する予定もなかったので、真昼間っからビールもいただくことに。ビールは大好きなアサヒスーパードライ、最高な気分です!

 

名寄市の煮込みジンギスカンはうどんと一緒に煮込むのが一般的。またもやしやにんじんなどの野菜の他に、油揚げやモチが一緒になっています。煮込むことでうどんに甘辛なつけダレがしみ込み、とても濃厚な味わいに。モチもトロットロにとけ、油揚げにもしっかりとつけダレがしみていました。

肝心なジンギスカンはというと、煮込まれたことで肉にもしっかりと味がしみわたり、土鍋効果でふっくら柔らか!タレは少し濃いめでピリッと辛めです。この少々濃いめの味付けがビールにベストマッチ!箸もジョッキも止まらなくなりました。

 

内陸でいただく美味しい本マグロの丼ぶり!

「本まぐろ丼」 1,000円!

冬旅ツアーに同行していただいた観光協会の方から、ここはマグロが美味しいとの情報を事前に聞いていたため注文した「本マグロ丼」。何といっても値段が破格!これだけの量の本マグロが乗っかっていて1,000円とは太っ腹です。味の濃い本マグロならではの旨みを感じ、1切れ1切れが厚く食べごたえもバツグン。またご飯が酢飯なのも嬉しい限り。この価格なのでさすがに北海道の地物は使っていないとは思いますが、それでも食べる価値は十分有りです!

 

レストランあかげらの店内の様子

なよろ温泉サンピラーのロビー。
左に見える売店の奥に進むと‥

 

レストランあかげらに到着!
お会計は券売機で事前に済ませて下さい。

 

食券を買ったらお好きな席へ。
ホールの方が来てくれるので、食券を渡して料理が出てくるのを待ちましょう。

 

レストランあかげらのメニュー表を確認

メニュー表。

あかげらがペコリとしたロゴマークがとても可愛い♪

 

名寄市特産のSPE豚をつかったカツや生姜焼きの他、意外にも海鮮メニューが豊富。マグロ・カンパチ・サーモンとカマ焼きが3種類もあるお店なんて、今までみたことがありません。

 

一般的な食堂メニューも充実。
マグロは握りもできる様です。

 

アルコール類にも力を入れているのか、意外と種類が豊富でした。

 

平日限定のランチセット。
本マグロの握り寿司5貫とミニ蕎麦のセットが、なんと税込み600円!近くにあったら通いたいくらいです。

 

その他のセットメニューも安くて充実。
名寄市でのランチは、なよろ温泉サンピラーで決まりです!

 

【レストランあかげら】

住所:北海道名寄市日進 なよろ温泉サンピラー内
電話:01654-2-2131
営業:11~14:00、17~20:00(土日祝は通し)



Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.