限定品!ラムレーズンどら焼を求めて江別市の「どら焼きあんざい」へ!

更新日:

江別市のどら焼き屋さん「あんざい」さんへ行ってきました!

この日伺ったのは、江別市にあるどら焼き専門店「どら焼き あんざい」さん。
江別市に2018年にオープンした「蔦谷書店江別店」から程近くの住宅街にあるお店です。きれいな外観や、手土産にもピッタリな包装・バラエティ豊かな味のラインナップなどが支持され、今やとても人気のお店。午前中に売り切れてしまうことも珍しくないそうです。

駐車場はお店の前に3台分。
今回は開店時間の10時を目掛けて向かいましたが、到着した9時50分頃には既に駐車場には2台の車が‥。お店が開店となるのを今か今かと待ちわびている状況でした。さすが人気店!

 

6種類のどら焼きがお出迎え!好きな味を選びましょう!

2016年5月にオープンした「どら焼きあんざい」さん。
お店ができてからまだまだ新しい店内で、中はまだまだとてもきれいです!店内は広くはなく、通路に沿って商品が陳列されている他にはレジがあるのみ。また商品が陳列してある壁の一部にガラスがはめてあり、作業場の様子を除くことがもできます。

 

商品を取るための、かごが用意されてました。

今回購入したのは、こちらの6つ!

つぶあん・ごまくるみ・焦がしバター・ゆりね・ラムレーズン・コルネパイです。

 

お目当てのラムレーズンどら焼き!
甘さ控えめな皮の間には、白あんベースのラムレーズン。アルコールは少し強めで、子供は厳禁な大人のお菓子です。ラムの香りが鼻に抜けてとても心地が良く、どら焼きとの相性もバツグン!またクリームベースのラムレーズンどら焼きには時々出会いますが、珍しい白あんベースなのも希少感があってかなり◎!

これが期間限定だなんてもったいないと思うくらい。個人的にですが、レギュラーメニュー化希望です。

 

他のどら焼きもそれぞれ美味しかったですが、やっぱりスタンダードなつぶあんがベター!程よい甘さで舌触りも良く、とても美味しいどら焼きでした。

また包装もどら焼きにしては可愛いので、手土産にもちょうど良いかも知れませんね。

 

どら焼き あんざい さんのラインナップをご紹介!

つぶあんは1個160円
江別産の小麦粉・卵とシナノキはちみつを使用した皮に、十勝産小豆のつぶあんを使用。水飴・調味料・塩不使用のシンプルなどら焼きなのだそうです。

 

ごまくるみ190円
道産しょう油で練り上げたごまあんにローストしたくるみを混ぜ、皮ではさんでます。鉄板のごま味。美味しくない訳がなく、またくるみの食感がとても生きていました。

 

焦がしバター190円。
あんこの上にたっぷりとバターが乗った一品。コクのある濃厚などら焼きです。

 

期間限定のゆり根200円。
白あんに混ぜたのは、地元江別産のゆり根。味付けは白みそで、とのこと。ゆり根のもつホクホクとした食感は白あんの中へ消えて行ってしまってました。高級食材なので仕方がないでしょうが、これはまだまだ改良の余地がありそうです。今後また登場する機会があれば、その時にはもっと美味しくなっていることでしょう。

 

先ほどご紹介したラムレーズンどら焼きは1個240円でした。

 

ラムレーズン・ゆり根の次は、ショコラ伊予柑・落花生。

行く度に変わる期間限定メニューは要チェックです。

 

営業時間は10時から。
金・土・日のみの営業となりますので、注意です。

 

駐車場は店舗前のみ。
決して回りの迷惑にならない様にご注意願います。

 

【 どら焼き あんざい 】

住所:北海道江別市錦町15-18
電話:011-389-3773
営業:金曜・土曜・日曜の10:00〜売切まで



Translate »

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.