舞台は当別から札幌へ!氷のホテルと道産食材を使用したダイニング!【HOKKAIDO ICE STAR HOTEL KOMAOKA】-札幌市南区-

更新日:

IMG_20170114_180016
「HOKKAIDO ICE STAR HOTEL KOMAOKA」!
(北海道アイススターホテル 駒岡)

昨年まで石狩当別の「スウェーデンヒルズ」のゴルフ場で行われていたイベント「ICE HILLS HOTEL」(アイスヒルズホテル)。今年は舞台を札幌に変え、更にパワーアップして帰ってきました!

アイススターホテルでは、氷のホテルでの「宿泊滞在体験」の他、お酒等を氷の器で飲むことができる「アイスバー」、スノーモービル試乗や雪上バナナボート等の「アクティビティ」などを楽しむことができます!氷のホテルは見学だけでも可能。昼と夜では見せる顔も違うので、どちらの時間に伺うかで全く印象が異なります。

 

 

DSC02690
アイススターホテルの詳細を以下に記載します。

会場:札幌南ゴルフクラブ駒丘コース特設会場
住所:札幌市南区真駒内280
期間:2017年1月14日~2月26日
定休:会期中無休(天候により閉場する場合有)
時間:平日11:00~20:00、土日祝10:00~20:00
料金:入場無料

 

DSC02687
今回は開催日初日の1月14日の夜に伺いました。アイスバーの他に2棟の氷の建物があり、4つの部屋に分かれてました。部屋ごとにそれぞれ違った造りで面白かったです。

今回は石狩当別から札幌市南区に場所を移しましたが、関係者さんによると、それは大人の事情とのこと。スポンサーさんも昨年の「北海道ブブ」さんや、一昨年の「ロイズ」さんから一新。後援者さんの欄には、「経済産業省北海道経済産業局」「国土交通省北海道運輸局」「北海道」などの公的機関、「北洋銀行」などの金融系、「北海道新聞」などの新聞社、「北海道放送」「AIR-G」などの各メディアなど、複数名前が上がってました。

 

DSC02693
昨年までの会場「スウェーデンヒルズゴルフ倶楽部」から札幌の「札幌南ゴルフクラブ駒丘コース特設会場」へ会場が変更となったことで、札幌圏の方には移動距離が短くなり気軽に行ける様になりました。しかしどうやら会場変更の弊害も多少でているそうで、こちらの会場では重機の使用ができないそうです。

その為、ほとんど全てが手作業!枠組みも木しか使用ができなく、曲線を作るのも難しかったのだとか。でもそのおかげか、昨年までの「アイスヒルズホテル」とは違った雰囲気を味わうことが出来ました。

 

DSC02695
氷の建物の中には宿泊用の氷のベッドがあり、その上には毛皮が敷いてありました。宿泊体験の際にはこちらで寝ることになるそうです。

ちなみに滞在体験は2名1室19,800円から。料金にはアイススターホテル宿泊料金の他、アイスバーで使用ができる1,000円分のドリンクチケット、オリジナル朝食代などが含まれるそうです。

 

DSC02702
天井の枠組みは写真の通り木でした。

 

DSC02723
部屋によってコンセプトが異なり、こちらでは部屋中に氷柱が伸びてました。

 

DSC02714 DSC02717
「アイススターホテル」に協賛している旭川の家具メーカー「カンディハウス」さんとのコラボ展示。

 

DSC02726 DSC02730
こちらが「アイスバー」。暖かいチョコドリンクは缶での提供で500円。カウンターは狭く、2~3人並ぶのがせいぜいです。その分、非常に距離が近かった為、カウンター越しに色々と話を伺うことができました。

たまたま話をさせていただいたのが、「糸冬工藝社」の代表「濱口絹道」さん。スウェーデンで積んだアイスビルダーとしての経験を元に日本でも活躍をされている方で、今回の「アイススターホテル」でも現場監督的な役割を行っているのだと伺いました。アイスビルダーという職業のことを何もわからないで話をしてしまいましたが、丁寧に説明していただき非常に勉強になりました。

 

DSC02649
今回の「アイススターホテル」では、食事にも力を入れているとのこと。グランシェフとして迎えたのは、人気スープカレー店「らっきょ」を運営する「有限会社 SPICE GO GO(スパイスゴーゴー)」の代表「イデ ゴウ」さん!道産食材をふんだんに取り入れた料理が提供されてます。

食事はゴルフ場内のゲストハウス内でいただくことができます。

 

DSC02650
ゲストハウス入り口の看板。館内にはレストランの他に、ショップ、アクティビティ受付などがありました。

 

DSC02651
入口に入って左側が受付。右側には「アイススターホテル」にも協賛しているアウトドアブランド「CHUMS」さんのショップがありました。

 

DSC02653
レストランは階段を上った2階になります。

 

DSC02654 DSC02655
だだっ広いスペースには食事用のテーブルが置かれてました。結構贅沢なスペースの使い方です。また、開催初日だったこともあり、後援企業さんから送られたたくさんの花が並んでました。

 

DSC02656
下調べもあまりしないで「アイススターホテル」へ来た為、どんな料理が提供されているのかも知りませんでした。と言いますか、この時点では事前情報が乏しく、料理の詳細がわかるサイトは全くない状態…。ですので料理の詳細はこの看板で初めて知った訳です。

1つ1つメニューを眺めていると、そこにでてくる道産食材の数々!イベントで提供されている料理って、味も、容器を含む見た目も、ボリュームも、全て見劣りするものが多い中、とても美味しそうで、且つ珍しい食材が使われていたこともあり、迷わずいただく事としました!

 

DSC02673
「北海道スパイスプレート」 1,500円!

イデさん監修の「スープカレー」。濃厚なルーのスープカレーが熱々の状態でいただけます!日本のカレーは濃厚でトロッとした「北インドカレー」が非常に多い中、具材をご飯の上に乗っけて混ぜながらいただく「南インドカレー」のスタイルを意識して作ったカレーなのだそう。その為、スープやチキン、野菜が、大きな皿に別々に盛られてました。

 

DSC02675
スープカレーは油分多めでトロッとした濃厚なカレー。具材が全く入っていないスタイルに慣れてないせいか若干違和感を感じましたが、スパイスが効いてて、冷めた体がホカホカになりました。イベントでこの手のカレーが食べられるのは嬉しい限りです。

 

DSC02674
北海道の形に盛られたライスの横には「タンドリーチキン」!このチキンがまた美味しかったです!

 

DSC02676
野菜は全て「江別産」の道産食材。
奥のニンジンと手前の玉ねぎとジャガイモには、しっかりとクミンで味付けがされてました。真ん中のピーマンとキャベツはコショウ?にて。それぞれスープカレーと合う味付けです。1,500円という価格はスープカレーとしては高めですが、イベントでこのレベルのカレーが食べられるのであれば、まだ許容範囲の価格設定です。

 

DSC02677
「北海道エミューのカツサンド」 800円!

ダチョウの様な姿をしている鳥「エミュー」。北海道でも観光牧場などで比較的会いやすく、札幌だと「ノースサファリサッポロ」などでもふれ合うことのできる鳥。そんなエミューをカツにしてサンドイッチにした一品。お肉は網走で飼育された道産エミューを使用しているとの事。

こちらのお肉は「株式会社BUNS(バンズ)」さんが運営する「THE MEAT SHOP(ザ ミート ショップ)」さんからのものだそうです。BUNSさんも協賛企業との事で、他にはタイ料理の「ジダパ」さんや、ラーメン・焼き鳥の「Q(キュウ)」さん等を運営されている会社です。

 

DSC02680
見た目の主張が強い、赤めの状態で出てきたエミュー肉のカツサンド。臭みはほとんどなく、鶏肉というよりは牛肉を食べている様な食感です。脂が少なく淡白ですが、牛肉よりもクセが少なくて食べやすく、カツにしていることで淡白さがカバーされてました。かなり美味しくいただくことが出来ました!

 

DSC02681
「カチョカバロのステーキ」 500円!

協賛企業の「Fattoria Bio Hokkaido(ファットリア ビオ 北海道)」さんのチーズ「カチョカバロ」。札幌市白石区に本社のある ファットリア ビオ 北海道さんでは、本場イタリアの職人さん達が作った、美味しい南イタリアのチーズを提供されてます。

 

DSC02682
このカチョカバロをスライスして、焦げ目がつくまで焼いたものがこちら。パンと一緒にいただきます。コクがあるチーズでとっても美味しかったです!

ちなみにこのカチョカバロ、「ジャパンチーズアワード2014 金賞受賞」「 世界最優秀フロマージュコンテスト2015 銀賞受賞」の実績のあるチーズだそうです。

 

IMG_20170114_190555
開催初日という事もあってか夜に来た客はほぼいなく、レストランにも私たち位しかいませんでした。その為なのか、食事をしている最中にグランシェフの「イデ ゴウ」さんが、わざわざカレー用のスパイス持参で挨拶に来ていただき、色々と料理の説明をして下さいました!

とても丁寧な人の良い方で、帰り間際には折角だからと写真をお願いしたところ、快く撮らせていただきました。更にはブログを書いていることも伝えた上で、ブログ掲載用のソロショットまでいただくことができました!

 

訪問のタイミングが良かったこともあり、色々な方のお話が聞けて色々な角度から楽しむことができた今回のアイススターホテル。昼のアイススターホテルも見に行きたいし、レストランも頼んだ料理は全て美味しかったので、是非他のメニューもいただいてみたいと思いました。会期中にもう一度来たいと思います!次に行く時は、是非「Q(キュウ)」さん監修のラーメンをいただきたいです!


 

【 HOKKAIDO ICE STAR HOTEL KOMAOKA 】
(北海道アイススターホテル 駒岡)
会場:札幌南ゴルフクラブ駒丘コース特設会場
住所:札幌市南区真駒内280
期間:2017年1月14日~2月26日
定休:会期中無休(天候により閉場する場合有)
時間:平日11:00~20:00、土日祝10:00~20:00
料金:入場無料

-北海道のイベント情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドライブ北海道!- Driving Hokkaido! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.